日立CV-KP300KとCV-KP300Jの違いは?型落ちの紙パック式がオススメ?

3 min
日立CV-KP300KとCV-KP300Jの比較

日立から紙パック式クリーナーの新モデルCV-KP300Kが発売されました。

日立のこのシリーズには、CV-KP300Jという旧モデルがあります。

新モデルのCV-KP300Kは、旧モデルのCV-KP300Jと比べて何が違うのか?

買うならどっちがオススメなのかまとめています。

ちなみに旧モデルのCV-KP300Jは、クチコミでの評判がかなり良いです。

型落ち品のほうがお得?

新モデル

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥26,380 (2024/05/27 14:28:51時点 Amazon調べ-詳細)

旧モデル

Yahoo!ショッピングで+10%還元?

Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus
※Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus

Yahoo!ショッピングでお買い物するなら、毎日開催の『ボーナスストアPlus』にエントリーしないと勿体ないです。

エントリーするだけで5%または10%のPayPayポイントUP

ポチッと押すだけ

※『5のつく日』『11・12日』もお得!

日立のCV-KP300JとCV-KP300Kの違い

※性能を比べて優れている方を赤文字にしています。

旧モデル
CV-KP300J
新モデル
CV-KP300K
吸込仕事率※1120〜650W120〜650W
消費電力230〜1,180W230〜1,180W
騒音60〜65dB60〜65dB
ヘッドパワフルスマートヘッドliteパワフルスマートヘッドlite
ヘッド幅23cm23cm
ヘッドライト白色LEDライト白色LEDライト
ヘッド機能自走機能
クルッとヘッド
ペタリンコ構造
からまん機構
ワンタッチ着脱
からまんブラシ
ブラシ水洗い
自走機能
クルッとヘッド
ペタリンコ構造
からまん機構
ワンタッチ着脱
からまんブラシ
ブラシ水洗い
ホース・パイプ機能パッとブラシ
サッとズームパイプ
本体・手もとねじれんホース
パッとブラシ
サッとズームパイプ
本体・手もとねじれんホース
ホース長さ5m5m
本体(ボディ部)機能パワー長もち流路
紙パックするりん構造
パワー長もち流路
紙パックするりん構造
ダストケース1.5L1.3L
運転モードecoこれっきり運転
手動モード:弱/中/強
アイドリング&ストップ機能
ecoこれっきり運転
手動モード:弱/中/強
アイドリング&ストップ機能
排気クリーン度
排気フィルター①ナノテク高捕じん
プレミアム衛生
フィルター
②抗菌フィルター
③ウレタンフィルター
①ナノテク高捕じん
プレミアム衛生
フィルター
②抗菌フィルター
③ウレタンフィルター
上方排気
本体サイズ長288×幅256×高214mm長351×幅236×高202mm
本体重量
(ボディ部)
3.3kg2.9kg
全体重量※24.8kg4.4kg
付属品・ぱっとブラシ
・すき間用吸口
・アタッチメント
・パックフィルター1枚
・ぱっとブラシ
・すき間用吸口
・アタッチメント
・パックフィルター1枚
ふとん吸口G-DF6対応G-DF6対応
カラーシャンパンゴールドライトゴールド
発売日2021年6月16日2022年7月16日
価格※334,000円ぐらい28,000円ぐらい
※CV-KP300JとCV-KP300Kの比較

※1:吸込仕事率とはJIS規格に定められている吸込力の目安。
※2:ボディ・ホース・パイプ・ヘッドを含めた合計
※3:2024年1月31日時点

旧モデルCV-KP300Jから新モデルCV-KP300Kになって、1番大きく改善されたのは本体重量です。

400gほど軽くなっています。

ですがそれ以外に大きな改善ポイントはありませんでした。

CV-KP300J→CV-KP300Kで変わったこと
  • ダストケースの容量が小さくなった
  • 本体重量が軽くなった
  • カラーが変わった

変更点について詳しくみていきます。

CV-KP300Kはダストケースの容量が小さくなった

新モデルCV-KP300Kになって、ダストケースの容量が1.5→1.3Lに減りました。

本来なら減らしたくない部分だとは思いますが。

0.2Lというと缶コーヒー分ぐらいのサイズですね。

CV-KP300Kで本体重量が軽くなった。

新モデルCV-KP300Kになって、本体重量が400gほど軽くなりました。

これにより掃除機全体の重量も400gほど軽くなってます。

400gというと、だいたい500mLペットボトルぐらいですね。

と考えると、それなりに軽量化されたなと思います。

CV-KP300Kでカラーが変わった

旧モデルのシャンパンゴールドからライトゴールドに変わりました。

どちらもキレイで清潔感のあるカラーだと思います。

日立のCV-KP300JとCV-KP300Kはどちらがオススメ?

日立の紙パック式クリーナーCV-KP300JとCV-KP300Kはどちらがオススメか、まとめています。

旧モデルCV-KP300Jがオススメの人

  • 価格重視

旧モデルCV-KP300Jが優れている点は、ズバリお値段です。

新モデルより随分お得になってますからね。

それでいて性能自体はほとんど変わりません。

発売はわずか1年前ですし、なんといってもCV-KP300Jはクチコミでの評判が良いですから。

安くなっているタイミングでCV-KP300Jを狙うのは、賢いお買いものだと思います。

お買い得な旧モデル

新モデルCV-KP300Kがおすすめの人

  • 少しでも軽い方がよい
  • 最新モデルが欲しい

新モデルCV-KP300Kでは、本体重量がやや軽くなっています。

400gですのでペットボトル1本分ぐらい。

少しでも軽い掃除機を求めている人には、これは見逃せない変化ですよね。

それ以外にも最新モデルというと、何となく安心感もあります。

この2点を重視するなら、最新モデルCV-KP300Kが向いていると思いますよ。

軽くなった新モデル

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥26,380 (2024/05/27 14:28:51時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ:日立の紙パック式クリーナーでペットの毛も吸引!

日立の紙パック式クリーナーのCV-KP300KとCV-KP300Jを比べました。

実は新モデルといっても、重量以外には大きな改善点はありません。

だとすると必要になったタイミングで、お値段が安くなっている方を購入すればよいのはと思いました。

うちでは猫を飼っているので、強い吸引でソファーや座布団をキレイにしたいんですよねぇ。

旧モデルCV-KP300Jでも、十分活躍してくれそうです。

でも新モデルCV-KP300Kの値段が落ちているなら、やっぱり新モデル気になりますよね。

ソファーについてる猫の毛をキレイに吸い取りたい(*^_^*)

軽くなった新モデル

created by Rinker
日立(HITACHI)
¥26,380 (2024/05/27 14:28:51時点 Amazon調べ-詳細)

お買い得な旧モデル

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA