日立PKV-BK3LとPKV-BK3Kの違いは?新旧のかるパックスティックはどっちがオススメ?

3 min
日立PKV-BK3LとPKV-BK3Kの違いは?

日立から『かるパックスティック』の新モデルPKV-BK3Lが発売されました。

このシリーズには、PKV-BK3Kという旧モデルもあります。

新モデルのPKV-BK3Lは、旧モデルのPKV-BK3Kと比べて何が違うのか?

買うならどっちがオススメなのかまとめています。

何が違うんだろう?

新モデル

旧モデル

日立「紙パック式」かるパックスティックの発売履歴

発売日型番グレードヘッド集塵容量重量
2024年3月9日PKV-BK3L標準パワフルスマートヘッドlight0.4L1.1kg
2023年12月9日PKV-BK50L上位パワフルスマートヘッド0.6L1.4kg
2022年12月10日PKV-BK3K標準パワフルスマートヘッドlight0.4L1.1kg
Yahoo!ショッピングで+10%還元?

Yahoo!ショッピング - ボーナスストア
※Yahoo!ショッピング - ボーナスストア

Yahoo!ショッピングでお買い物するなら、毎日開催の『ボーナスストア』にエントリーしないと勿体ないです。

エントリーするだけで5%または10%のPayPayポイントUP

ポチッと押すだけ

※『5のつく日』『11・12日』もお得!

日立のかるパックスティックPKV-BK3KとPKV-BK3Lの違い

性能を比べて優れている方を赤文字にしています。

旧モデル
PKV-BK3K
新モデル
PKV-BK3L
タイプ紙パック式紙パック式
ヘッドパワフルスマートヘッドlightパワフルスマートヘッドlight
ヘッド機能ブラシ水洗い対応
ごみくっきりライト(5灯)
シンクロフラップ
自走機能
クルッとヘッド
ペタリンコ構造
からまん機構
回転ブラシ
ワンタッチ着脱
モーター駆動方式
からまんブラシ
ブラシ水洗い対応
ごみくっきりライト(5灯)
シンクロフラップ
自走機能
クルッとヘッド
ペタリンコ構造
からまん機構
回転ブラシ
ワンタッチ着脱
モーター駆動方式
からまんブラシ
集じん容量0.4L0.4L
充電池内蔵型
リチウムイオン電池
内蔵型
リチウムイオン電池
充電時間約2時間約2時間
使用時間目安強:約8分
標準:約30分(約45分※1)
強:約8分
標準:約30分(約45分※1)
運転モード強 / 標準 / 切強 / 標準 / 自動 / 切
便利機能紙パックするりん構造
パワー長持ち流路
紙パックするりん構造
パワー長持ち流路
付属品ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
延長パイプ
スティックスタンド
ACアダプター
パックフィルター1枚
ハンディブラシ
2WAYすき間ブラシ
延長パイプ
スティックスタンド
ACアダプター
パックフィルター1枚
サイズスティック:
幅230×奥205×高1082mm
スタンドセット:
幅280×奥249×高1108mm
スティック:
幅230×奥205×高1082mm
スタンドセット:
幅280×奥249×高1108mm
重量1.1kg1.1kg
カラーライトラベンダーラベンダー
保証期間1年1年
発売日2022年12月10日2024年3月9日
価格※238,000円ぐらい77,000円ぐらい
※PKV-BK3KとPKV-BK3Lの比較

※1:パワフルスマートヘッド使用
※2:2024年2月7日

PKV-BK3KからPKV-BK3Lになって、運転モード『自動』が加わりました。

それ以外に違いが見つかりませんでした。(汗)

PKV-BK3K→PKV-BK3Lで変わったこと
  • 運転モード『自動』が加わった

変更点について詳しく見ていきます。

運転モード『自動』が加わった

PKV-BK3K:強 / 標準 / 切
PKV-BK3L:強 / 標準 / 自動 / 切

新モデルPKV-BK3Lでは運転モードに『自動』が加わりました。

運転モード『自動』は、床の質や動かした方向への抵抗を検知して、吸引力を自動で調整してくれます。

絨毯や畳が入り交じるお部屋のお掃除をするときに楽そうですね。

う〜ん、他にも違いあるかも?なのですが、見つかりませんでした。

日立のPKV-BK3LとPKV-BK3Kはどちらがオススメ?

日立のPKV-BK3LとPKV-BK3Kはどちらがオススメか、まとめています。

PKV-BK3Kがオススメの人

  • お値段重視

旧モデルPKV-BK3Kの方が、やはりお値段はかなり有利ですね。

正直、性能に関してもほぼ差はないので旧モデルでも十分かもしれません。

お値段は時間とともに何故か高くなったりするので、お得なときに買うと良いですよ。

今回は旧モデルPKV-BK3Kがかなり狙い目じゃないでしょうか。

狙い目の旧モデル

PKV-BK3Lがおすすめの人

  • 運転モード『自動』が欲しい人
  • 新しいモデルの方が好きな人

新モデルPKV-BK3Lになって、運転モードに『自動』が加わりました。

これにより場所に合わせて、自動的に吸引力を調整してくれます。

床や絨毯や畳が入り交じるお部屋の掃除にピッタリですね。

また新モデルということで、購入するときのテンションはこちらの方が上がりますね。

お財布にかなり余裕があるなら、新モデルPKV-BK3Lが魅力的だと思います。

性能UPの新モデル

まとめ:日立のかるパックスティックで楽々お掃除!

日立の『かるパックスティック』の新旧モデルを比較しました。

2つのモデルの違いは運転モード『自動』しかなさそうです。

そうであれば性能的にほぼ変わらないのに、かなりお得になっている旧モデルPKV-BK3Kが思います。

ただし時間とともに価格差が無くなってくることが多いです。

そうなってくると新モデルPKV-BK3Lの方が魅力的かもしれませんよ。

子供がいると、毎日お掃除しますね〜(*^^*;)

性能UPの新モデル

軽くてお買得な旧モデル

カテゴリー:
タグ:
関連記事