三菱電機TC-FM2DとTC-FJ2Dの違いは?Be-Kの紙パック式はどっちがオススメ?

4 min
三菱電機TC-FM2DとTC-FJ2Dの違いは?

三菱電機から紙パック式掃除機の新モデルTC-FM2DとTC-FJ2Dが同時発売されました。

どちらもBe-K(ビケイ)シリーズの最新モデルとなります。

2つのモデルは何が違うのか?買うならどっちがオススメなのかまとめています。

どっちの紙パック式が良さそうなの?

スタンダードモデル

エントリーモデル

Yahoo!ショッピングで+10%還元?

Yahoo!ショッピング - ボーナスストア
※Yahoo!ショッピング - ボーナスストア

Yahoo!ショッピングでお買い物するなら、毎日開催の『ボーナスストア』にエントリーしないと勿体ないです。

エントリーするだけで5%または10%のPayPayポイントUP

ポチッと押すだけ

※『5のつく日』『11・12日』もお得!

三菱電機の紙パック掃除機TC-FJ2DとTC-FM2Dの違い

※性能を比べて優れている方を赤文字にしています。

エントリー
TC-FJ2D
スタンダード
TC-FM2D
吸込仕事率約90〜470W約90〜470W
ヘッドタービンブラシ
フラットヘッド機構
すみずみブラシ
自走式パワーブラシ
フラットヘッド機構
壁ぎわスッキリバンパー
すみずみブラシ
快速からみにくい自走ブラシ
毛がらみ除去機能
らくピタ機構
便利機構かるスマグリップ
ビッグハンドル
大容量紙パック
かるスマグリップ
ビッグハンドル
大容量紙パック
モーターかるツヨモーターかるツヨモーター
集塵容量1.5L1.5L
排気性能①炭紙パックMP-9
②洗える抗菌アレルパンチフィルター
③高性能クリーンフィルター
①炭紙パックMP-9
②洗える抗菌アレルパンチフィルター
③高性能クリーンフィルター
抗菌パーツ手元ハンドル部
本体ハンドル部
コード巻き込みボタン
回転ブラシ
回転ブラシ樹脂部

手元ハンドル部
本体ハンドル部
コード巻き込みボタン
騒音約58〜65dB約58〜65dB
消費電力約300〜1000W約300〜1000W
ボディサイズ幅21×奥32.3×高21cm幅21×奥32.3×高21cm
ボディ重量2.4kg2.4kg
全体重量3.6kg3.8kg
コード5m5m
付属品サッシノズル
紙パック
サッシノズル
紙パック
カラー−C:アイボリー−A:シャイニーブルー
保証期間1年間1年間
発売日2024年2月1日2024年2月1日
価格※127,000円ぐらい40,000円ぐらい
※TC-FJ2DとTC-FM2Dの比較

※1:2024年2月1日時点

TC-FJ2DとTC-FM2Dの1番の違いはヘッドの性能です

やはりスタンダードモデルTC-FM2Dの方が機能も多く優れています。

TC-FJ2DとTC-FM2Dの違い
  • TC-FM2Dは『自走式パワーブラシ』採用
  • TC-FM2Dは『壁ぎわスッキリバンパー』採用
  • TC-FM2Dは『快速からみにくい自走ブラシ』採用
  • TC-FM2Dは『毛がらみ除去機能』採用
  • TC-FM2Dは『らくピタ機構』採用
  • TC-FM2Dは抗菌パーツが多い
  • TC-FJ2Dの方がちょっぴり軽い

違いについて詳しくみていきます。

ヘッドの機能がかなり違います。

TC-FM2Dは『自走式パワーブラシ』採用

TC-FJ2D:タービンブラシ
TC-FM2D:自走式パワーブラシ

スタンダードモデルTC-FM2Dは、ヘッドが自走式です。

やはり自走式のほうが掃除機を動かさなくていいので、楽なんですよね。

あと回転によってゴミを掻き出すパワーも違ってくるのではと思います。

TC-FM2Dは『壁ぎわスッキリバンパー』採用

三菱電機 壁ぎわスッキリバンパー
※三菱電機 TC-FM2D 壁ぎわスッキリバンパー

TC-FJ2D:ー
TC-FM2D:壁ぎわスッキリバンパー

スタンダードモデルTC-FM2Dは、壁際のゴミもしっかり吸い込んでくれます。

回転ブラシが壁に届くよう、ヘッドのかなり前方についてますよね。

TC-FM2Dは『快速からみにくい自走ブラシ』採用

TC-FJ2D:ー
TC-FM2D:快速からみにくい自走ブラシ

スタンダードモデルTC-FM2Dで採用のブラシは、ブラシの毛にも特徴があります。

ブラシの毛が密集していて、髪の毛などが絡まりにくい仕組みになってますよ。

回転ブラシに絡まるの髪とか糸とか、取るの面倒なんですよね。

TC-FM2Dは『らくピタ機構』採用

TC-FJ2D:ー
TC-FM2D:らくピタ機能

スタンダードモデルTC-FM2Dでは『らくピタ機構』により、ヘッドが床から浮きにくくなってます。

これにより床の溝からもっとゴミを掻き出せるようになったはず。

より床がピカピカになるのが期待できますね。

TC-FM2Dは『毛がらみ除去機能』採用

三菱電機 毛がらみ除去機能
※三菱電機 TC-FM2D 毛がらみ除去機能

TC-FJ2D:ー
TC-FM2D:毛がらみ除去機能

スタンダードモデルTC-FM2Dでは、回転ブラシに絡みついた毛を簡単に取り除けます。

回転ブラシを横にスライドして引き抜くと、引き出し口がフィルターの働きをして付着した毛を引き剥がしてくれます。

この仕組みはとても便利そうですよね。

TC-FM2Dは抗菌パーツが多い

TC-FJ2D:ー
TC-FM2D:回転ブラシ、回転ブラシ樹脂部

スタンダードモデルTC-FM2Dの方は、回転ブラシまで抗菌対策が取られています。

もちろん回転ブラシも抗菌の方が嬉しいですね。

ただしそこまで重要なポイントではありません。

違いは以上です!

三菱電機のTC-FJ2DとTC-FM2Dはどちらがオススメ?

三菱電機のTC-FJ2DとTC-FM2Dはどちらがオススメか、まとめています。

エントリーモデルTC-FJ2Dがオススメの人

  • お値段優先

エントリーモデルTC-FJ2Dの方が、お値段的にはずっとお得です。

もし自走式ヘッドに拘らないなら、こちらのモデルもありですよね。

実は『タービンブラシ』でも吸い込む勢いに合わせて回転するから、思った以上にクルクル回りますよ。

そして自走式じゃないぶん、恐らくヘッドが少し軽いです。

ヘッド以外に違いはありませんし、エントリーモデルTC-FJ2Dでも十二分に活躍してくれそうです。

エントリーモデル

スタンダードモデルTC-FM2Dがオススメの人

  • なるべくお部屋をクリーンにしたい
  • 自走式の方が楽でいい
  • 抗菌パーツが多いほうが良い

スタンダードモデルTC-FM2Dの方が、優れている点が多いです。

特にヘッドの性能にこだわりたいならこちら。

より床がキレイになって、お手入れもしやすいく便利ですからね。

自走式なのでヘッドが勝手に流れていくようにお掃除もできます。

また抗菌パーツが多いのも嬉しいポイント。

お値段的にOKであれば、スタンダードモデルTC-FM2Dの方が良さそうです。

スタンダードモデル

まとめ:三菱電機の紙パック式掃除機でスッキリ!

三菱電機の紙パック式掃除機TC-FJ2DとTC-FM2Dを比べました。

ヘッドの性能に拘らないならエントリーモデルTC-FJ2Dも良い選択ですよね。

私もヘッドが自走しない掃除機を持ってますが、別に不便ではありません。

自走じゃなくても吸引パワーで回転ブラシがクルクルまわるので、スムーズに前進してくれますよ。

一方でヘッドが自走式のうえに、お手入れが楽そうなのがスタンダードモデル。

その分お値段も上がってしまいますが、比べてみればスタンダードモデルTC-FM2Dの方が魅力的ですよね。

紙パック式は排気がキレイなのも嬉しいポイント!(*^_^*)

スタンダードモデル

エントリーモデル

さらにハイエンドモデルTC-FD2Dとも比較してます。

カテゴリー:
タグ:
関連記事