三菱電機TC-FD2DとTC-FM2Dの違いは?紙パック式はどっちがオススメ?

4 min
三菱電機TC-FD2DとTC-FM2Dの違いは?

三菱電機から紙パック式掃除機の新モデルTC-FD2DとTC-FM2Dが同時発売されました。

どちらもBe-K(ビケイ)シリーズの最新モデルとなります。

2つのモデルは何が違うのか?買うならどっちがオススメなのかまとめています。

どっちの紙パック式が良さそう?

ハイエンドモデル

スタンダードモデル

Yahoo!ショッピングで+10%還元?

Yahoo!ショッピング - ボーナスストア
※Yahoo!ショッピング - ボーナスストア

Yahoo!ショッピングでお買い物するなら、毎日開催の『ボーナスストア』にエントリーしないと勿体ないです。

エントリーするだけで5%または10%のPayPayポイントUP

ポチッと押すだけ

※『5のつく日』『11・12日』もお得!

三菱電機の紙パック掃除機TC-FM2DとTC-FD2Dの違い

※性能を比べて優れている方を赤文字にしています。

スタンダード
TC-FM2D
ハイエンド
TC-FD2D
吸込仕事率約90〜470W約90〜470W
ヘッド自走式パワーブラシ
フラットヘッド機構
壁ぎわスッキリバンパー
すみずみブラシ
快速からみにくい自走ブラシ
毛がらみ除去機能
らくピタ機構
自走式パワーブラシ
フラットヘッド機構
壁ぎわスッキリバンパー
すみずみブラシ
快速からみにくい自走ブラシ
らくリーニングヘッド
毛がらみ除去機能
らくピタ機構
便利機構かるスマグリップ
ビッグハンドル
大容量紙パック
かるスマグリップ
ビッグハンドル
大容量紙パック
モーターかるツヨモーターかるツヨモーター
集塵容量1.5L1.5L
排気性能①炭紙パックMP-9
②洗える抗菌アレルパンチフィルター
③高性能クリーンフィルター
①炭紙パックMP-9
②抗ウイルス銀ナノアレルパンチフィルター
③高性能クリーンフィルター
抗菌パーツ回転ブラシ
回転ブラシ樹脂部
手元ハンドル部
本体ハンドル部
コード巻き込みボタン
回転ブラシ
回転ブラシ樹脂部
手元ハンドル部
本体ハンドル部
コード巻き込みボタン
プレート(くし歯)
騒音約58〜65dB約58〜65dB
消費電力約300〜1000W約300〜1000W
ボディサイズ幅21×奥32.3×高21cm幅21×奥32.3×高21cm
ボディ重量2.4kg2.4kg
全体重量3.8kg3.8kg
コード5m5m
付属品サッシノズル
紙パック
2WAYロングノズル
紙パック
カラー−A:シャイニーブルー−N:プレミアムゴールド
保証期間1年間1年間
発売日2024年2月1日2024年2月1日
価格※140,000円ぐらい53,000円ぐらい
※TC-FM2DとTC-FD2Dの比較

※1:2024年2月1日時点

TC-FM2DとTC-FD2Dの1番の違いは、ブラシを自動でクリーニングする『らくリーニングヘッド』機構があるかないか。

あとは抗菌フィルターと抗菌パーツ、付属品が違います。

TC-FM2DとTC-FD2Dの違い
  • TC-FD2Dは『らくリーニングヘッド』搭載
  • TC-FD2Dは『抗ウイルス銀ナノアレルパンチフィルター』採用
  • TC-FD2Dは『プレート(くし歯)』が抗菌
  • TC-FD2Dは『2WAYロングノズル』が付属

違いについて詳しくみていきます。

基本性能ではあまり差がないようも見えますね。

TC-FD2Dは『らくリーニングヘッド』搭載

TC-FM2D:ー
TC-FD2D:らくリーニングヘッド

ハイエンドモデルのTC-FD2Dには、回転ブラシを自動でクリーニングする仕組みが備わってます。

なんと掃除機のヘッドが壁に当たるたびに、ヘッド内側のプレートが回転ブラシからゴミを取ってくれます。

回転ブラシってよく髪とか糸が絡まり付きますよね。

あれを取るのって面倒ですし、自動でやってくれるなんて嬉すぎます。

TC-FD2Dは『抗ウイルス銀ナノアレルパンチフィルター』採用

TC-FM2D:②洗える抗菌アレルパンチフィルター
TC-FD2D:②抗ウイルス銀ナノアレルパンチフィルター

ハイエンドモデルのTC-FD2Dでは、掃除機内部のフィルターに『抗ウイルス銀ナノアレルパンチフィルター』を使います。

実際これがどれぐらいの性能なのかは、詳細がないのでちょっと分かりません。

でもクチコミを読むと、消臭もかなり期待できるようでした。

ちなみにこのフィルターは消耗品なので、たまに取り替える必要があります。でも高くないので安心です。

TC-FD2Dは『プレート(くし歯)』が抗菌

三菱電機 クリーナー プレート櫛歯
※三菱電機 クリーナー プレート櫛歯

TC-FM2D:ー
TC-FD2D:プレート(くし歯)

ハイエンドモデルのTC-FD2Dは、『プレート(くし歯)』も抗菌となってます。

『プレート(くし歯)』はブラシについたゴミを、自動でクリーンするときに使われます。

もちろん抗菌のほうが良いですが、あまり重要なポイントではありませんね。

TC-FD2Dは『2WAYロングノズル』が付属

TC-FM2D:サッシノズル
TC-FD2D:2WAYロングノズル

ハイエンドモデルのTC-FD2Dには付属品として『2WAYロングノズル』が付きます。

『2WAYロングノズル』は高いところのお掃除に向いているので、カーテンレールの上部や、エアコンや照明の周りなど届くのは便利そう。

さらに家具や冷蔵庫のすき間もお掃除できそうです。

ブラシの角度を変えられるのも使いやすそうですね。

違いは以上です!

三菱電機のTC-FM2DとTC-FD2Dはどちらがオススメ?

三菱電機のTC-FM2DとTC-FD2Dはどちらがオススメか、まとめています。

スタンダードモデルTC-FM2Dがオススメの人

  • お値段優先

スタンダードモデルのTC-FM2Dが優れている点は、やはりお値段です。

回転ブラシの自動クリニーング機能や内部フィルターの質ではやや劣りますけどね。

でもこれらの機能をあまり必要としないのであれば、価格差を考えてもこちらのモデルがピッタリ。

スタンダードモデルTC-FM2Dは十二分に活躍してくれそうですよ。

スタンダードモデル

さらにスタンダードモデルTC-FM2Dの1つ前のモデルとも比較してます。

ハイエンドモデルTC-FD2Dがオススメの人

  • 回転ブラシを楽にクリーンにしたい
  • 少しでも排気はキレイな方が良い
  • 抗菌パーツが多いほうが良い
  • 高いところもお掃除したい

ハイエンドモデルTC-FD2Dの方が、優れている点が多いです。

特にヘッド内の回転ブラシを自動でクリーニングにしたいならこちら。

また排気がよりキレイなので、アレルギー系のケアが必要な場合もこちらかなと。

付属の『2WAYロングノズル』で高い場所が、なんなくお掃除できるのも有難いですよね。

お値段に問題ないのであれば、ハイエンドモデルTC-FD2Dの方が魅力的だと思います。

ハイエンドモデル

さらにハイエンドモデルTC-FD2Dの1つ前のモデルとも比較してます。

まとめ:三菱電機のBe-Kの紙パック式でお家キレイ!

三菱電機のBe-Kシリーズの紙パック式掃除機TC-FM2DとTC-FD2Dを比べました。

自動クリーンとか抗菌フィルター、2WAYロングノズルが必要かどうかで判断すると良さそうです。

私としては基本的な機能が同じだったので、スタンダードモデルTC-FM2Dで良いかなと思いました。

もちろん回転ブラシによく絡まってる髪とか糸とか、勝手にキレイにしてくれるのは魅力的なんですけどね。

もっとお財布に余裕あったら、ハイエンドモデルTC-FD2Dの方を使ってみたいです。

Be-Kはデザインもステキですね。(*^_^*)

スタンダードモデル

ハイエンドモデル

カテゴリー:
タグ:
関連記事