ヒューロムH70STとH400の違いは?オススメのスロージューサーはどっち?

5 min
ヒューロムH70STとH400の違いは?オススメのスロージューサーはどっち?

ヒューロムのスロージューサーに新モデルH70STが加わりました。

でも少し前に発売されたオールインワンジューサーのH400もあります。

どちらも最上位グレードでお値段は変わりません。

新モデルH70STはオールインワンモデルH400と比べて何が違って、どちらがオススメなのかまとめてます。

それぞれどんな人に向いてる?

新モデル

created by Rinker
▶ヒューロム公式ショップなら
クーポンコード:HUROM39 入力で15%OFFです!

オールインワンモデル

スロージューサーが15%OFF!?

HUROM ONLINE SHOPでクーポン適用
※HUROM ONLINE SHOPでクーポン適用

ヒューロムの公式ショップなら、スロージューサーが15%OFFで買えます。

そのためには購入画面でクーポンコード:HUROM39 を入力してください。

15%OFFだと1万円ぐらい安くなるので、かなり大きいですよね。

\クーポンコード:HUROM3915%OFF!/

ヒューロムH400とH70STの違い

※2つのモデルを比べて性能が優れている方を赤文字で表示してます。

オールインワン
H400
新モデル
H70ST
ホッパー容量
(上部容器)
2000ml1800ml
ドラム容量
(搾汁容器)
500ml‎450ml
作れるドリンクジュース
フローズン
ジュース
フローズン
搾汁さくじゅう方式マルチスクリュー方式
(撹拌機能なし)
ストレーナー方式
(撹拌機能あり)
スクリュー回転数90回転/分60 or 70回転/分
丸ごと投入
自動カット
ワンタッチ
食洗機対応※1
(メガホッパー、
ドラムを除く)

(メガホッパー、
ドラムを除く)
付属品ドラム
メガホッパー
マルチスクリュー
押し棒
掃除ブラシ
搾りかすカップ
ジュースカップ
取扱説明書
レシピブック
ドラム
メガホッパー
スクリュー
細目ストレーナー
フローズンフィルター
回転ブラシ

押し棒
洗浄用ブラシ
搾りかすカップ
ジュースカップ
取扱説明書
レシピブック
消費電力150W150W
サイズ幅16.9×高47.1×奥26.1cm幅17.4×高44.1×奥21.6cm
本体重量6.7kg5.5kg
カラーチタングレー
ワームホワイト
ホワイト×ダウンピンク
‎チタングレー
ホワイト
材質ウルテム(スクリュー)
BPAフリー
ウルテム(スクリュー)
BPAフリー
保証期間※2‎1年‎1年
発売日2023年9月1日2024年6月3日
価格※366,000円ぐらい66,000円ぐらい
※ヒューロムH400とH70STの比較

※1:60℃以下での使用に限る
※2:補償は本体部分のみ
※3:2024年5月12日時点

オールインワンモデルH400と新モデルH70STの主な違いは、搾汁方式とスクリュー回転数、サイズ感です。

搾汁方式はH400がマルチスクリュー式で、H70STがストレーナー式となっているので、大きく違いますよ。

H400とH70STの違い
  • 搾汁さくじゅう方式
  • ホッパー容量
  • ドラム容量
  • スクリュー回転数
  • 付属品
  • サイズと重量

違いについてそれぞれ詳しくみていきます。

実は「オールインワンシリーズ」と「オーセンティックシリーズ」という違いもあります。

搾汁方式が違う

ヒューロム H400 マルチスクリュー
※ヒューロム H400 マルチスクリュー

H400:マルチスクリュー方式(撹拌機能なし)
H70ST:ストレーナー方式(撹拌機能あり)

オールインワンモデルH400は、マルチスクリューによってジュースからフローズンまで、自在に搾ることができます。

マルチスクリューの1番のメリットは、ストレーナーが不要でしかもシンプルな構造になっていること。

“ストレーナー”とは、ようするに目の荒いフィルター(ろ過装置)のことです。

つまりお掃除の手間がほとんど掛かりません。

ヒューロム H70ST スクリュー
※ヒューロム H70ST ストレーナー式

一方で新モデルH70STは、ストレーナーを使って搾汁する本格派。

ストレーナーにより余すことなくシッカリ搾汁することが期待できます。

この他にもフローズンフィルターを通して、フローズンアイスを搾ることができますよ。

その代わりストレーナー式は、網の目をブラシでしっかり洗う必要がありますよ。

ホッパー容量が違う

H400:メガホッパー容量2000ml
H70ST:メガホッパー容量1800ml

オールインワンモデルH400の方が、ホッパー容量が200mlほど多いです。

200mlなのでトマト一個分ぐらい違う感じですね。

全容量から考えたら、そんなに大きな違いではないと思います。

ドラム容量が違う

H400:ドラム容量600ml
H70ST:ドラム容量450ml

オールインワンモデルH400の方が、ドラム(搾汁部分)容量が50mlほど多いです。

ただ50mlだとそんなに大きく違わないので、あまり気にしなくても良さそうです。

スクリュー回転数が違う

H400:90回転/分
H70ST:60 or 70回転/分

オールインワンモデルH400の方が、スクリューの回転速度が1.5倍ぐらい速いです。

その分だけ搾汁が早くなるのは間違いありません。

でもスロージューサーはそもそも栄養を壊さないために低速なので、回転速度が遅いのは悪いことではありません。

またカッティングについては、どちらのモデルも2枚刃なので効率は同じぐらいかなと思います。

付属品が違う

HUROM H70ST アクセサリー
※HUROM H70ST アクセサリー

H400:マルチスクリュー
H70ST:スクリュー、細目ストレーナー、フローズンフィルター、回転ブラシ
※一部抜粋

オールインワンモデルH400はマルチスクリューで全て対応するので、付属品は少なくなってます。

一方で新モデルH70STはストレーナーを使うため、付属品が多くなってます。

またストレーナー式は、搾ったジュースを撹拌するための回転ブラシが付いているのも違いです。

サイズと重量が違う

H400:幅16.9×高47.1×奥26.1cm、6.7kg
H70ST:幅17.4×高44.1×奥21.6cm、5.5kg

新モデルH70STは全体的にコンパクトになってます。

H400と比べても高さが3cm低く、奥行きは4.5cmも短くなってます。

横幅についてはH400の方が0.5cmほどスリムですけどね。

また新モデルH70STは、比べてみると1.2kgも軽量です。

スロージューサーって置き場所をとるので、サイズは小さい方が助かりますよね。

以上が違いでした。

ヒューロムのH400とH70STはどちらがオススメ?

ヒューロムのスロージューサーH400とH70STはどちらがオススメかまとめています。

オールインワンモデルH400がオススメの人

  • フローズンドリンクもお手軽
  • お手入れは楽な方がいい
  • なるべく時短で搾りたい

オールインワンモデルH400はマルチスクリュー式で、ジュースはもちろん凍った食材も搾ることができます。

パーツを交換することなく、マルチスクリューで全て搾汁できるのはとても便利ですよね。

そして何と言ってもマルチスクリューは分解と洗浄が楽なので、お手入れの負担がかなり減ってます。

また時短で搾りたい人にも、スクリューの回転数が速いので向いてますよ。

新モデルと比べても発売は10か月前ですので、決して古くありません。

毎日お手軽に使いたいなら、オールインワンジューサーのH400が向いていると思います。

お手入れが楽

↑ヒューロム公式ショップは楽天市場にもあります。

新モデルH70STがオススメの人

HUROM H70ST チタングレー
※HUROM H70ST チタングレー
  • 本格的なストーレナー式で搾りたい
  • コンパクトで軽い方が良い
  • 最新モデルの進化が気になる

新モデルH70STは本格的なストレーナー式で、ジュースから凍った食材まで搾ることができます。

新しいストーレナーの網目は、より進化した搾汁が期待できそうですね。

またコンパクトになったことで、キッチンやテーブルにも置きやすくなったはず。仕舞うときも軽くてスリムな方が楽ですよね。

あと最新モデルなので、素材など目に見えないところでも改良されてそうです。

本格的なストレーナー式の最新モデルH70STは、やはり魅力的にみえますね。

本格モデル

created by Rinker
▶ヒューロム公式ショップなら
クーポンコード:HUROM39 入力で15%OFFです!

↑ヒューロム公式ショップは楽天市場にもあります。

まとめ:ヒューロムのスロージューサーで健康ライフ!

ヒューロムのスロージューサーのH400とH70STを比べました。

オールイワンモデルのH400はお手軽にジュースからフローズンまで搾れるのが最大の特長です。

またマルチスクリューが分解・洗浄しやすく、お手入れもとても楽になってるのが大きな魅力。

最新モデルH70STは、ストレーナー式で本格手な搾汁が期待できます。

またサイズがコンパクトで軽量になっており、持ち運びやすくなりました。

どちらもスタイリッシュですが、クリスタルデザインを取り入れたH70STは、さらに存在感を増してますよね。

インテリアとしても成り立ちそうな新モデルH70STの方が、お買い物としてのテンションは上がりそうだなと思いました。

新モデルH70STの到着待ちです(*^_^*)

最新モデル

created by Rinker
▶ヒューロム公式ショップなら
クーポンコード:HUROM39 入力で15%OFFです!

オールイワンモデル

カテゴリー:
タグ:
関連記事