ヒューロムH400とH200の違いは?スロージューサーは型落ちもオススメ?

4 min
HUROM - H400とH-200違い

ヒューロムのスロージューサーに、新モデルH400が加わりました。

でもヒューロムにはH-200という旧モデルもあります。

新モデルH400は旧モデルH-200と比べて何が違うのか?どちらがオススメなのかまとめています。

ちなみに旧モデルH300もあるのですが、こちら在庫切れでどこにも売られてないので比較してません。

うちの古いヒューロムスロージューサーも、今だに活躍中です!

新モデル

旧モデル

スロージューサーが15%OFF!?

HUROM ONLINE SHOPでクーポン適用
※HUROM ONLINE SHOPでクーポン適用

ヒューロムの公式ショップなら、スロージューサーが15%OFFで買えます。

そのためには購入画面でクーポンコード:HUROM39 を入力してください。

15%OFFだと1万円ぐらい安くなるので、かなり大きいですね。

\クーポンコード:HUROM39 で15%OFF!/

ヒューロムのH-200とH400の違い

2つのモデルを比べて、性能が優れている方を赤文字で表示してます。

旧モデル
H-200
新モデル
H400
ホッパー部容量
(上部容器)
2000ml2000ml
ドラム部容量
(搾汁容器)
350ml‎500ml
絞汁さくじゅう方式フィルター方式
(撹拌機能なし)
マルチスクリュー方式
(撹拌機能なし)
スクリュー回転数50回転/分90回転/分
丸ごと投入
自動カット
ワンタッチ
食洗機対応
※メガホッパー、
掃除ブラシ、
押し棒を除く

※メガホッパー、
ドラムを除く
付属品インナーフィルター
フィルター(粗目)
フィルター(細目)
フローズンフィルター
押し棒
ジュースカップ
搾りかすカップ
予備パッキンセット
掃除ブラシ
取扱説明書
レシピブック
フローズンレシピブック

押し棒
掃除ブラシ
搾りかすカップ
ジュースカップ
取扱説明書
レシピブック
電力量200W‎150W
サイズ幅17.6×高44.5×奥28.6cm幅16.9×高47.1×奥26.1 cm
本体重量‎6.5kg6.7kg
カラー・ダークグレー
・ホワイト
・‎チタングレー
・ワームホワイト
保証期間‎1年‎1年
発売日2020年8月1日2023年9月1日
価格※147,000円ぐらい66,000円ぐらい
※ヒューロムH-200とH400の比較

※1:2023年12月27日時点

旧モデルH-200から新モデルH400になって、1番大きく変わったのが絞汁方式。

以前はスクリューとフィルターが別れてましたが、新モデルではスクリューとフィルターが一体化してます。

これにより新モデルH400では全て同じフィルターを使いますので、食材によって迷う必要がなくなりました。

H-200→H400で変わったこと
  • 絞汁さくじゅう方式がスクリューとフィルターの一体型になった
  • スクリュー回転数が増えた
  • ドラム部容量が150ml増えた
  • 消費電力が50W減った
  • 少しサイズダウンした

変更点について詳しくみていきます。

やはりいろいろ性能UPしてますね。

搾汁方式がスクリューとフィルターの一体型になった

H-200:フィルター方式
H400:マルチスクリュー方式

新モデルH400ではスクリューとフィルターが一体化してます。

これにより分解したり洗ったりが簡単で、さらにフィルターを選ぶ必要もなくなりました。

ジュースを絞る場合も、冷凍フルーツを“フローズンアイス”として絞る場合も、フィルターの区別はありません。

その代わりH-200と比べてフィルターを選べないので、食材の粒度を調整することができなくなりました。

スクリュー回転数が増えた

H-200:50回転/分
H400:90回転/分

新モデルH400になって、スクリューの回転数が2倍近く増えました。

これにより搾汁時間がかなり短縮されていると思います。

ただしスロージューサーは低速で搾ることにより、食材にストレスが掛からず熱も発生しないというメリットもあったはず。

おそらく1分間に90回転ぐらいなら問題ないのでしょうけど、必ずしも速いから良いわけではないのではと思います。

ドラム部容量が150ml増えた

H-200:ドラム部容量350ml
H400:ドラム部容量500ml

新モデルH400ではドラム部の容量が150mlも増えてます。

それだけ早くたくさん絞れるようになってるわけです。

消費電力が50W減った

H-200:200W
H400:150W

新モデルH400は消費電力が少なくなってます。

少しサイズダウンした

H-200:幅17.6×高44.5×奥28.6 cm = 22,399 cm3
H400:幅16.9×高47.1×奥26.1 cm = 20,775 cm3

新モデルH400の方が、全体としては少しサイズダウンしてます。

といってもほんの数センチしか差はないですけどね。

やはり搾汁さくじゅう方式の違いが1番大きいですね。

ヒューロムのH-200とH400はどちらがオススメ?

ヒューロムのH-200とH400はどちらがオススメか、まとめています。

旧モデルH-200がオススメの人

  • お値段重視
  • 食材によってフィルターを変えたい

旧モデルH-200の方が、お値段はずっと安いです。

搾汁方式を除けば、そこまで性能に違いはないように思います。

それに搾汁方式も劣っているわけではなく、フィルターを変えることで食感を調整ができるのはH-200の方。

発売は3年前ですがヒューロムの製品は古くても全然問題ありませんよ。

うちの1番初期のスロージューサーだって今だに現役です。

型落ちとなるタイミングでH200を狙うのは、賢いお買いものだと思います。

お買い得な旧モデル

↑楽天市場にはヒューロム公式ショップあります。

新モデルH400がおすすめの人

  • 最新モデルが好き
  • スクリューとフィルターは一体型が良い
  • 時短でジュースを絞りたい
  • 少しでも分解・洗浄の手間を減らしたい
  • 消費電力を抑えたい

新モデルH400の方が優れている点が多いです。

搾汁方式はスクリューとフィルターの一体型となり、分解洗浄の手間が減りました。

スロージューサーは毎回洗うことになるので、楽な方が良いのは間違いありません。

スクリューの回転数もドラム部容量もUPしたので、時短で搾れるのも良いところ。

お財布事情がOKなら最新モデルH400の方が魅力的ですよね。

性能UPの新モデル

↑楽天市場にはヒューロム公式ショップあります。

まとめ:ヒューロムのスロージューサーで!

ヒューロムの新モデルH400と旧モデルH-200を比較しました。

旧モデルH-200の方が食感をお好みにできる点では優れてます。

お掃除もわりと簡単そうですし、お値段的にも優れていいて十分活躍してくれそうですよね。

ただやはり新モデルH400の方が気になっちゃいます。

フィルターを変える必要がなく、お掃除の手間も少なくなっているので、ズボラな私には新モデルの方が魅力的。

お財布事情が許すなら、新モデルH400が良さそうだな〜と思いました。

野菜と果物のジュースで健康キープ(*^_^*)

性能UPの新モデル

↑楽天市場にはヒューロム公式ショップあります。

お買い得な旧モデル

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA