ヒューロムH70STとH-200の違いは?オススメはどっち?

5 min
ヒューロムH70STとH-200の違いは?オススメの搾汁方式はどっち?

ヒューロムのスロージューサーに本格モデルH70STが加わりました。

この本格モデルとイージーウォッシュモデルのH-200を比べてみます。

どちらもメガホッパー、オートカッティング、フローズンフィルターなど似ているとこも多いです。

本格モデルH70STはイージーウォッシュモデルH-200と比べると何が違って、どちらがオススメなのかまとめました。

それぞれどんな人に向いてる?

本格モデル

イージーウォッシュモデル

スロージューサーが15%OFF!?

HUROM ONLINE SHOPでクーポン適用
※HUROM ONLINE SHOPでクーポン適用

ヒューロムの公式ショップなら、スロージューサーが15%OFFで買えます。

そのためには購入画面でクーポンコード:HUROM39 を入力してください。

15%OFFだと1万円ぐらい安くなるので、かなり大きいですよね。

\クーポンコード:HUROM3915%OFF!/

ヒューロムH-200とH70STの違い

※2つのモデルを比べて性能が優れている方を赤文字にしてます。

イージーウォッシュ
H-200
本格モデル
H70ST
ホッパー容量
(上部容器)
2000ml1800ml
ドラム容量
(搾汁容器)
350ml‎450ml
作れるドリンクジュース
フローズン
ジュース
フローズン
搾汁さくじゅう方式デュアルフィルター方式
(撹拌機能なし)
ストレーナー方式
(撹拌機能あり)
スクリュー回転数50回転/分60 or 70回転/分
丸ごと投入
自動カット
ワンタッチ
食洗機対応
(メガホッパーを除く)

(メガホッパー、
ドラムを除く) ※1
付属品ドラム
メガホッパー
スクリュー
インナーフィルター
粗目フィルター
細目フィルター
フローズンフィルター
押し棒
搾りかすカップ
ジュースカップ
掃除ブラシ
取扱説明書
レシピブック
ドラム
メガホッパー
スクリュー
細目ストレーナー
回転ブラシ
フローズンフィルター
押し棒
搾りかすカップ
ジュースカップ
洗浄用ブラシ
取扱説明書
レシピブック
消費電力200W150W
サイズ幅17.6×高44.5×奥28.6cm幅17.4×高44.1×奥21.6cm
本体重量6.5kg5.5kg
カラーダークグレー
ホワイト
チタングレー
ワームホワイト
材質ウルテム(スクリュー)
BPAフリー
ウルテム(スクリュー)
BPAフリー
保証期間※2‎1年‎1年
発売日2020年8月1日2024年6月3日
価格※350,000円ぐらい66,000円ぐらい
※ヒューロムH-200とH70STの比較

※1:60℃以下での使用に限る
※2:補償は本体部分のみ
※3:2024年6月6日時点

イージーウォッシュモデルH-200と本格モデルH70STの主な違いは、搾汁方式とサイズ感です。

その他にも気になる違いがたくさんあります。

H-200とH70STの違い
  • 搾汁さくじゅう方式
  • ホッパー容量
  • ドラム容量
  • スクリュー回転数
  • 食洗機対応
  • 付属品
  • 消費電力
  • サイズと重量

それでは違いについて詳しくみていきます。

シリーズとしても「イージーウォッシュ」と「オーセンティック」という違いがあります。

搾汁方式が違う

H-200:デュアルフィルター方式(撹拌機能なし)
H70ST:ストレーナー方式(撹拌機能あり)

イージーウォッシュモデルH-200は、2つのフィルターを使ったデュアルフィルター方式で搾ります。

デュアルフィルター方式の1番のメリットは、シンプルなフィルター(網目がない)であること。

そのためお掃除の手間がほとんど掛かりません。

一方で本格モデルH70STは、ストレーナーを使ってキッチリ搾汁する本格派。

“ストレーナー”とは、目の荒いフィルター(ろ過装置)のことです。

ヒューロム H70ST スクリュー
※ヒューロム H70ST ストレーナー

ストレーナーにより食材を余すことなく、ギリギリまで搾汁することができます。

その代わりストレーナーの網目には繊維が詰まりやすく、専用ブラシでキレイに洗う必要がありますよ。

どちらの搾汁方式も、一長一短あるわけです。

ホッパー容量が違う

ヒューロム H-200 メガホッパー
※ヒューロム H-200 メガホッパー

H-200:メガホッパー容量2000ml
H70ST:メガホッパー容量1800ml

イージーウォッシュモデルH-200の方が、ホッパーの容量が200mlほど多いです。

200mlというと中位のトマト一個分ぐらいの違いだと思います。

ただし全体で考えたら、そんなに目立つ差ではありませんね。

ドラム容量が違う

ヒューロム H70ST ドラム
※ヒューロム H70ST ドラム

H-200:ドラム容量350ml
H70ST:ドラム容量450ml

本格モデルH70STの方が、ドラム(搾汁部分)容量が100mlほど多いです。

一度にたくさん搾りたいのであれば、ドラム容量は大きい方が良さそうですね。

スクリュー回転数が違う

HUROM H70ST スクリュー
※HUROM H70ST スクリュー

H-200:50回転/分
H70ST:60 or 70回転/分

本格モデルH70STの方が、スクリューの回転速度がやや速いです。

ただしその差は10回転/分ほどなので、、これはほとんど気になりませんね。

しかもスロージューサーが低速なのは栄養を壊さないためなので、遅いのは良いことかもしれません。

材料のカッティングは、どちらも2枚刃なので効率は同じぐらいかと思います。

食洗機対応が違う

ヒューロム H70ST ホッパー
※ヒューロム H70ST メガホッパー

H-200:◯ (メガホッパーを除く)
H70ST:◯ (メガホッパー、ドラムを除く)

どちらのモデルも『メガホッパー』については、食洗機に対応してません。

でもイージーウォッシュモデルH-200は、『ドラム』も食洗機で洗えます。(※説明書に書いてます)

低温での使用が推奨されてますが、『ドラム』まで洗えるのは便利ですよね。

付属品が違う

ヒューロム H70ST パーツ
※ヒューロム H70ST パーツ

H-200:インナーフィルター、粗目フィルター、細目フィルター
H70ST:細目ストレーナー回転ブラシ
※一部抜粋

2つのモデルの搾汁方式の違いが、付属品にも現れてます。

イージーウォッシュモデルH-200はデュアルフィルターなので、インナーフィルターとフィルターを組み合わせて使います。

また細目フィルターだけでなく、粗目フィルターあがるのも良いですよね。

一方で本格モデルH70STはストレーナーと撹拌用の回転ブラシを組み合わせて使います。

消費電力が違う

ヒューロム H70ST 電源プラグ
※ヒューロム H70ST 電源プラグ

H-200:200W
H70ST:150W

本格モデルH70STの方が消費電力が50Wほど少なくなってます。

でも50Wって1時間つかっても1〜2円の違いでしかないんですよね。

この違いは気にしなくても良いと思います。

サイズと重量が違う

H-200:幅17.6×高44.5×奥28.6cm、6.5kg
H70ST:幅17.4×高44.1×奥21.6cm、5.5kg

本格モデルH70STの方が全体的にコンパクトで軽量になってます。

イージーウォッシュモデルH-200と比べると特に奥行きが7cm近くも違ってますね。

ただこの違いはH-200の搾りカスを入れる容器が、本体にはめ込むスタイルになってることが原因。

H70STは外に置くだけですから、使用中のサイズとしてはあまり変わらないのかもしれません。

ただし使ってないときはH70STの方がコンパクトなので、やはり邪魔になりくいですよね。

また1kg軽いのも動かしやすいメリットになります。

以上が違いでした。

ヒューロムのH-200とH70STはどちらがオススメ?

ヒューロムのスロージューサーH-200とH70STはどちらがオススメかまとめています。

オールインワンモデルH-200がオススメの人

  • 洗浄は楽な方がいい
  • ドラムも食洗機対応

オールインワンモデルH-200ははデュアルフィルター方式なので、お掃除がグッと楽になります。

網目のあるストレーナーを使いませんので、専用ブラシで擦り落とす必要がありません。

この作業があると、どうしてもすこし手間になってしまいます。

またドラム部分も食洗機に対応しているので、そのまま入れて洗えるはとても便利ですよね。

発売はすこし前ですが、使用後のお手入れを考えたらH-200の方が楽なのは間違いありません。

お掃除が苦手な人は、オールインワンモデルH-200の方が向いてそうです。

お手入れが楽

新モデルH70STがオススメの人

HUROM H70ST チタングレー
※HUROM H70ST チタングレー
  • 本格的なストレーナー式で搾りたい
  • コンパクトで軽いほうが良い
  • 最新モデルが気になる

格モデルH70STはストレーナー方式なので、ジュースをしっかり搾り切ることができます。

私もH70STを使っているんですが、搾りカスに水分がほとんど残ってないんですね。

かなりギリギリまで果肉を搾れているんだと思います。

ストーレナーの網目も今までのもと形が違うので、昔より進化しているかもしれません。

また全体的にコンパクトになったことで、キッチンやテーブルの端にも置いておけます。そこまで重くないので持ち運びの負担もすくないですよ。

本格的なストレーナー式の最新モデルH70STは、やはり魅力的に見えますよね。

本格モデル

まとめ:ヒューロムのスロージューサーで栄養補給!

ヒューロムのスロージューサーH-200とH70STを比べました。

イージーウォッシュモデルH-200は、デュアルフィルター方式なのでお手入れが簡単なのが特長です。

デュアルフィルターには網目がないので、繊維が詰まることもありません。

一方で本格モデルH70STは、ストレーナー方式により本格的な生搾りジュースが楽しめます。

果実を余すことなく搾り、喉越しがサラッとしたフレッシュジュースになりますよ。

またコンパクトになったことで、キッチンの端においておいてもそれほど邪魔になりません。

デザインはどちらも素敵ですが、クリスタルデザインを採用したH70STはよりスタイリッシュですね。

本格モデルH70STはインテリアとしても活躍できそうな存在感がありますよ。

私も新モデルH70STを使ってます(*^_^*)

最新モデル

オールイワンモデル

カテゴリー:
タグ:
関連記事