パナソニックNI-FS60AとNI-FS690の違いは?新旧どっちがオススメ?

3 min
パナソニックNI-FS60AとNI-FS690の違いは?新旧どっちがオススメ?

パナソニックから衣類スチーマーの新モデルNI-FS60Aが発売されます。

でもこのモデルには1年前に発売のNI-FS690もあります。

新旧2つのモデルは、いったい何が違うのでしょうか?

また買うならどちらがオススメなのかまとめてます。

何が新しくなったの?

新モデル

旧モデル

Yahoo!ショッピングで+10%還元?

Yahoo!ショッピング - ボーナスストア
※Yahoo!ショッピング - ボーナスストア

Yahoo!ショッピングでお買い物するなら、毎日開催の『ボーナスストア』にエントリーしないと勿体ないです。

エントリーするだけで5%または10%のPayPayポイントUP

ポチッと押すだけ

※『5のつく日』『11・12日』もお得!

パナソニックの衣類スチーマーNI-FS690とNI-FS60Aの違い

※性能を比べてみて優れている方を赤文字にしています。

旧モデル
NI-FS690
新モデル
NI-FS60A
立ち上がり時間約19秒約19秒
スチーム浸透スチーム
360°パワフルスチーム
浸透スチーム
360°全方向噴射
スチーム穴の数66
スチーム噴出時間連続約8分HIGH:連続約8分
MID:連続約11分30秒
スチーム量平均約13g/分HIGH:平均約13g/分
MID:平均約9g/分
注水量115mL115mL
アイロン温度調整HIGH:約160℃
MED:約140℃
LOW:約110℃
ドライアイロン※1
アイロン面フラットベースフラットベース
アイロン面素材セラミックコートシルバーチタンコート
カーブエッジ形状
自動ヒーターオフ
低重心設計
抗菌ハンドル
スチーム操作プッシュ式プッシュ式
付属品スタンド、専用カップスタンド、専用カップ
消費電力950W950W
サイズ横16.5×高13×奥8cm横16.5×高13×奥8cm
本体重量690g690g
電源コード2.5ⅿ2.5ⅿ
カラー-A:フロストブルー
-C:クリーム
-H:カームグレー
-P:サクラ
保証本体1年間本体1年間
発売日2023年3月1日2024年3月1日
価格※28,800円15,400円
※NI-FS690とNI-FS60Aの比較表

※1:水を入れなくても使用可能
※2:2024年1月25日時点

旧モデルNI-FS690から新モデルNI-FS60Aになって、アイロン温度調整ができるようになりました。

この違いが1番大きいと思います。

NI-FS690→NI-FS60Aで変わったこと
  • アイロン温度調整ができるようになった
  • アイロン面素材がシルバーチタンコートになった
  • 抗菌ハンドルが無くなった

また性能ダウンしたと思われるポイントもあります。

詳しくチェックしていきます。

アイロン温度調整ができるようになった

NI-FS690:ー
NI-FS60A:HIGH:約160℃・MED:約140℃・LOW:約110℃

新モデルNI-FS60Aになって、アイロンの温度が調整できるようになりました。

温度を変えると、スチーム連続時間やスチーム量も変化します。

つまりアイロンとスチームの両面で、より細かく調整できるようなったということですね。

低温でしかアイロンを掛けられないお洋服もありますので、温度調整は大事な機能だと思います。

アイロン面素材がシルバーチタンコートになった

パナソニック:アイロン面の形状・材質(すべりの良さ)
※パナソニックFaQ:アイロン面の形状・材質(すべりの良さ)

NI-FS690:セラミックコート
NI-FS60A:シルバーチタンコート

新モデルNI-FS60Aになってアイロン面の素材が、シルバーチタンコートになりました。

シルバーチタンコートは滑りやすさの面で、セラミックコートに劣ります。

つまりハッキリ言ってしまえば、アイロン面の素材はダウングレードしたということ。

抗菌ハンドルでは無くなった

NF-FS680:抗菌ハンドル
※NF-FS680:抗菌ハンドル

NI-FS690:抗菌ハンドル
NI-FS60A:ー

新モデルNI-FS60Aでは、抗菌ハンドルが採用されてません。

そこまで重要とは思いませんが、やはり抗菌のほうが衛生面で安心でしたね。

以上が違いでした。

パナソニックNI-FS690とNI-FS60Aはどちらがオススメ?

パナソニックの衣類スチーマーNI-FS690とNI-FS60Aはどちらがオススメかまとめています。

旧モデルNI-FS690がオススメの人

  • お値段重視
  • 抗菌ハンドルが良い
  • セラミックコートが良い

旧モデルNI-FS690は、お値段がかなりお安くなってます。

アイロンの温度調整が必要なければ、性能面では差がないわけですし。

抗菌ハンドルがあってアイロン面の素材がセラミックコートなのは、旧モデルだけですしね。

お値段を重視して、旧モデルNI-FS690を選ぶのもありですよね。

旧モデル

新モデルNI-FS60Aがおすすめの人

  • 温度調整は必須
  • 新モデルのほうが気になる

新モデルのNI-FS60Aは、アイロンの温度調整ができるようになりました。

アイロン温度を変えれば、スチーム性能も変化します。

スチームを調整したい人や、低温でしかアイロン掛けできないお洋服を持っているならこちら。

ということを考えますと、新モデルNI-FS60Aの方が使い勝手が良いように思います。

新モデル

まとめ:パナソニックの衣類スチーマーでピシッと

パナソニックの衣類スチーマーNI-FS60AとNI-FS690を比べてみました。

新モデルNI-FS60Aでは、アイロンの温度調整ができるようになったのが大きいですね。

温度調整が必要かどうかで、どちらのモデルを買うか判断すると良さそうですね。

もちろん温度やスチームの調整ができたほうが、便利だとは思いますけど。

衣類スチーマーを掛けるとピシッとして匂いも取れるので、うちでは大活躍してます。

朝バタバタしながらスチーマー掛けてます(^_^;)

新モデル

旧モデル

プレミアムモデルとの比較もしてます↓

カテゴリー:
関連記事