メリタ オルフィプラスSKT53とノアプラスSKT55の違いは?

2 min
メリタ オルフィプラスとノアプラスの違い

メリタからオルフィプラス(SKT53)とノアプラス(SKT55)が発売されます。

うちでもメリタを使っていたので、この最新モデル気になってます。

オルフィプラスとノアプラスはどっちが良いんでしょう?

2つの製品の違いと、どちらがオススメかまとめてます。

違いは何?

【2021年12月中旬】 メリタ Melitta メリタオルフィプラス SKT531B
【2021年11月01日発売】 メリタ Melitta メリタノアプラス SKT551B

オルフィプラス(SKT53)とノアプラス(SKT55)の違いは?

スペック的に優れてる方を、赤文字にしています。

オルフィプラス
(SKT53)
ノアプラス
(SKT55)
フィルターペーパー式
真空二重構造ポット
高温抽出
しずく漏れ防止
メリタ式1つ穴抽出
オートオフ
浄水フィルター
リムーバブルタンク
杯数2〜5杯2〜5杯
最大水容量0.7L0.7L
サイズ幅310×奥146×高293幅269×奥152×高311
重量1.7kg1.7kg
消費電力650W650W
メリタゴールドスタンダード
発売日2021年12月15日2021年11月1日
価格※1未定未定
オルフィプラス(SKT53)とノアプラス(SKT55)を比較

※1:2021年9月時点

比べてみるとオルフィプラス(SKT53)にしか存在しない、2つの機能がありますね。

どうやらオルフィプラスのほうが、上位機種みたいです。

オルフィプラスだけに付いてる2つの機能
  • 浄水フィルターが付いてる
  • リムーバブルタンクでお手入れ簡単

少し詳しく見ていきます。

オルフィスプラス(SKT53)には浄水フィルターが付いている

オルフィプラスには、浄水フィルターが付いてます。

この浄水フィルターによって、カルキが99%除去されるとのこと。

※(社)日本電機工業会自主基準

水道水を直接コーヒーメーカーに使えるのって便利ですね。

しかもメリタのコーヒーメーカー用浄水フィルターは、400円ちょっとで売られてます。

これぐらいなら浄水フィルターの交換も負担になりません。

オルフィスプラ(SKT53)はリムーバブルタンクでお手入れ簡単

オルフィプラス(SKT53)のタンクは、取り外しが可能です。

タンクを持ち運べるので、給水がとっても楽なんです。

あとはタンクを掃除するときも、取り外して洗えるからキレイに使えますよね〜。

オルフィプラスとノアプラスはどちらがオススメ?

オルフィプラス(SKT53)とノアプラス(SKT55)は、それぞれどんな人がオススメかまとめました。

オルフィプラス(SKT53)をオススメする人

  • ろ過した水道水でコーヒーを淹れたい
  • 水を入れるときタンクを持ち運びたい
  • タンクを手軽に洗いたい

オルフィプラスは浄水フィルター+タンクの着脱OKという、2つの大きなメリットがあります。

この2つに強くメリットを感じるなら、オルフィプラスを選びたいですね。

実際のところ浄水フィルターは付いてた方が良いし、タンクは持ち運べた方が便利です。

あとはどれぐらい価格差がでるかですね〜。

ノアプラス(SKT55)をオススメする人

  • 浄水機能を必要としてない
  • タンクは取り外せなくても良い

ノアプラス(SKT55)は、浄水機能やタンクを着脱できる機能はありません。

この2点に魅力を感じないのであれば、ノアプラスを選ぶべきかなと。

価格はまだ未定ですが、おそらくノアプラスが有利だと思います。

まとめ:浄水機能とタンクの着脱は必要?

コーヒーの美味しさは、オルフィプラスでもノアプラスでも同じレベルです。

どちらも最新モデルで、メリタゴールドスタンダードに認定されてますから。

あとは浄水機能と、タンクの着脱にどれぐらい価値を感じるか。

値段にそんなに差がなければ、オルフィプラス(SKT53)を選びたいですね。

【2021年12月中旬】 メリタ Melitta メリタオルフィプラス SKT531B
【2021年11月01日発売】 メリタ Melitta メリタノアプラス SKT551B
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA