メリタ ノアSKT54とノアプラスSKT55の違いは?

2 min
メリタ SKT54とSKT55の違い

メリタから最新モデルのノアプラス(SKT55)が発売されます。

うちでは旧モデルのノア(SKT54)を使っていたので、この最新モデル気になってます。

何が新しくなったんでしょう?

ノア(SKT54)とノアプラス(SKT55)の違いと、どちらがオススメかまとめてます。

毎日飲むから良いものを買いたい!

【2021年11月01日発売】 メリタ Melitta メリタノアプラス SKT551B

ノア(SKT54)とノアプラス(SKT55)の違いは?

スペック的に優れている方を、赤文字にしています。

ノア(SKT54)ノアプラス(SKT55)
フィルターペーパー式
真空二重構造ポット
高温抽出
しずく漏れ防止
メリタ式1つ穴抽出
アラーム
オートオフ
杯数2〜5杯2〜5杯
最大水容量0.7L0.7L
サイズ幅269x奥152x高311幅269×奥152×高311
重量1.7kg1.7kg
消費電力650W650W
メリタゴールドスタンダード
発売日2015年8月下旬2021年11月1日
価格※16,000円未定

※1:2021年9月時点での最安値

ノア(SKT54)とノアプラス(SKT55)のスペックを比べただけだと、違いがよく分かりません。(汗)

でも宣伝文句には、『おいしさ』と『使いやすさ』を大幅アップって書いてるから、絶対良くなってるハズなんですよ。

ですので、もうちょっと調べたところ・・・

ノア(SKT54)→ノアプラス(SKT55)で変化した点
  • コーヒーの抽出技術が格段に上がった
  • メリタゴールドスタンダード認定製品

これらを少し詳しく見てみましょう。

コーヒーの抽出技術が格段に上がった

どうやらノアプラス(SKT55)になって、豆とお湯のバランス感や、抽出温度、蒸らし時間などが、細かくコントールされるになったみたいです。

それは、世界基準のコーヒーブリューイングコントロールチャートを利用しているのが理由らしい。

コーヒー・ブリューイング・コントロール・チャート(Coffee Brewing Control Chart)。1950年代にマサチューセッツ工科大学の Ernest Earl Lockhart 教授が作成した分析図。広く世界中で参考にされている。

というわけで美味しくなったんだと思います。

見た目ではなく、中身が進化したらしい。

メリタゴールドスタンダード認定製品

ノアプラス(SKT54)は、メリタゴールドスタンダード認定。

これはコーヒーの美味しさにこだわったメリタ独自の認定らしく、詳細な規定はわかりません。

何となくすごそうな感じはしますね。

ノア(SKT54)とノアプラス(SKT55)はどちらがオススメ?

ノア(SKT54)とノアプラス(SKT55)はどちらがオススメかまとめました。

ノア(SKT54)がおすすめの人

  • 価格が安いほうが良い

表面的なスペックでは、違いをキレイに炙り出せませんでしたしね。

ですのでシンプルに価格重視の場合はメリタ ノア(SKT54)です。

ノアプラス(SKT55)がおすすめの人

  • 少しでも美味しい方が良い
  • Villeroy&Bochとのコラボカップが欲しい

表面的なスペックでは、いまいちハッキリと違いが分かりませんでした。

ですが絶対こっちのほうが美味しくなっているハズ(もはや願望だけど)。

毎日飲むコーヒーを少しでも美味しく飲みたい場合は、メリタ ノアプラス(SKT55)です。

ちなみに2021年12月26日(日)までに買って応募すると、抽選でVilleroy&Bochとメリタのコラボカップが当たるみたいですよ。

まとめ:毎日飲むコーヒーだからコダワリたい!

メリタのノア(SKT54)とノアプラス(SKT55)の違いは、表面的にはよく分かりません。

だけど『美味しく』『使いやすく』なったと言うことなので、やっぱり期待しちゃいますね。

ノアプラス(SKT55)は、5年ぶりにリニューアルされた製品ですから。

見えないところで、いろいろ改善があったんじゃないかなと思います!

毎日飲むコーヒーなので、少しでも美味しく飲める方を選びたいなと思いました。

↓最新モデルのノアプラス(SKT55)はこちら。

【2021年11月01日発売】 メリタ Melitta メリタノアプラス SKT551B
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA