タイガーJPL-S100とJPL-G100の違いは?土鍋ご泡火炊きのオススメはどっち?

3 min
タイガーJPL-S100とJPL-G100の違いは?

タイガーから『土鍋ご泡火炊き』の新モデルJPL-S100が発売されました。

このシリーズには旧モデルJPL-G100もあります。

新モデルJPL-S100は、旧モデルJPL-G100と比べて何が違うのか?

買うならどっちがオススメなのかまとめています。

土鍋で炊き上げたご飯気になりますね!( ‘༥’ )

新モデル

旧モデル

created by Rinker
タイガー
¥71,000 (2024/04/13 16:52:44時点 Amazon調べ-詳細)
Yahoo!ショッピングで+10%還元?

Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus
※Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus

Yahoo!ショッピングでお買い物するなら、毎日開催の『ボーナスストアPlus』にエントリーしないと勿体ないです。

エントリーするだけで5%または10%のPayPayポイントUP

ポチッと押すだけ

※『5のつく日』『11・12日』もお得!

タイガーのJPL-G100とJPL-S100の違い

※性能を比べてみて優れている方を赤文字にしています。

旧モデル
JPL-G100
新モデル
JPL-S100
土鍋ご泡火炊き
土鍋最高温度280℃280℃
連続ノンストップ加熱
丹精仕上げ
多段階圧力機構
ハリつやポンプ
間欠呼吸
本土鍋
土鍋コーティング6層コート6層コート
土鍋洗米OK
土鍋フッ素コーティング
土鍋5年保証
銘柄巧み炊きわけ70種類70種類
食感炊きわけ機能5段階5段階
火かげん調節機能3段階3段階
一合料亭炊き
おひつ保温
ヘルシーメニュー5種類5種類
タッチパネル液晶
クリアフレーム
圧力洗浄コース
マグネット式着脱内ぶた
予約吸水タイマー
保温選択
24時間保温
エコ炊き
最大炊飯容量1.0L1.0L
最大消費電力1080W1080W
炊飯時消費電力量159Wh159Wh
保温時消費電力量16.9Wh16.9Wh
自立式抗菌加工しゃもじ
サイズ幅29×奥35.1×高22cm幅29×奥35.1×高22cm
本体重量7.4kg7.4kg
省エネ基準達成率100%100%
発売日2021年6月21日2022年7月21日
価格※171,000円ぐらい77,000円ぐらい
※JPL-G100とJPL-S100の比較

※1:2022年6月時点

JPL-G100からJPL-S100になって、大きく改善されたのは『連続ノンストップ加熱』です。

この1点が大きく変わったのですが、でもスゴク重要な部分ですよ。

JPL-G100→JPL-S100で変わったこと
  • 連続ノンストップ加熱が採用された
  • 自立式抗菌加工しゃもじが付属する

変更点について詳しくみていきます。

連続ノンストップ加熱が採用された

タイガー JPL-S100 連続ノンストップ加熱
※タイガー:JPL-S100より

新モデルJPL-S100になって『連続ノンストップ加熱』が採用されました。

この技術により、“土鍋を吹きこぼれさせながら”炊き上げるのを再現したそうです。

実際にはポンプからの風により吹きこぼれを防ぎますが、カマドのような大火力を維持しながら炊き上げることができるとのこと。

旧モデルと比べて、なんと甘みが約17%UP、粘りが約3%UP

自立式抗菌加工しゃもじが付属する

新モデルJPL-S100には、SIAA(抗菌製品技術協議会)認証のしゃもじが付いてきます。

タイガーのJPL-G100とJPL-S100はどちらがオススメ?

タイガーのJPL-G100とJPL-S100はどちらがオススメか、まとめています。

旧モデルJPL-G100がオススメの人

  • 価格重視

旧モデルのJPL-G100のほうが、お安くなってますね。

しかも全体的にみたときは、機能の差がほぼありません。

発売はわずか1年前ですし、最新モデルじゃなくてもタイガーの最上位機種なので十分美味しいはずです。

お買い得になっているタイミングでJPL-G100を狙うのは、賢いお買いものだと思います。

お買い得な旧モデル

created by Rinker
タイガー
¥71,000 (2024/04/13 16:52:44時点 Amazon調べ-詳細)

新モデルJPL-S100がおすすめの人

  • 甘いご飯が大好き
  • 最新モデルの方が気になる
  • TIGER100周年記念ってなんかステキ

新モデルJPL-S100のほうが、より甘くて粘りのある土鍋ご飯が望めます。

ご飯を炊き上げるたびに、甘みが増し増しになった白米が食べられるなんて!

やっぱり最新モデルの方が気になっちゃいますよね。

あとはTIGER100周年記念というのも、なんとなく惹かれるポイントだと思います。

新モデルJPL-S100の動画を見ると、土鍋で炊き上がる感じがホント美味しそうなんですよ。^^;

見ると欲しくなるので注意です↓

性能UPの新モデル

まとめ:タイガーの『土鍋ご泡火炊き』であま〜い白米!

新モデルJPL-S100と旧モデルJPL-G100では、炊き上げ加減が違ってきます。

新モデルJPL-S100は、まるで土鍋から吹きこぼれているな炊き上がりで、甘さが17%UP+粘りが3%UP。

ごはん大好きなので、イメージしただけで白米の匂いがしてきます。^^;

どうしても最新モデルJPL-S100のほうが気になってしまいますね。

もちろんお得に買えるなら旧モデルJPL-G100も良いなと思います。

土鍋だから『おこげ』も作れるって♪(*^_^*)

性能UPの新モデル

お買い得な旧モデル

created by Rinker
タイガー
¥71,000 (2024/04/13 16:52:44時点 Amazon調べ-詳細)
カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA