パナソニックのNF-RT1100とNF-RT1000の違い!新型けむらん亭の実力は?

4 min

パナソニックから『スモーク&ロースターけむらん亭』の最新モデルNF-RT1100が発売されます。

このシリーズには、NF-RT1000という旧モデルがあります。

新モデルのNF-RT1100は、旧モデルのNF-RT1000と比べて何がパワーアップしてるのか?

買うならどっちがオススメなのかまとめています。

ちなみに旧モデルのNF-RT1000は、クチコミでの評判すごく良かったですよ。

燻製つくりたい!

パナソニックのNF-RT1000とNF-RT1100の違い

※スペックを比較して優れている方を赤文字にしています。

NF-RT1000NF-RT1100
くんせいメニュー弱/強
焼き加減調節弱/中/強弱/中/強
温度調節220/230/240/250/260/270/280℃220/240/260/280℃
タイマー1分~30分1〜30分
お手入れモード
(オートクリーンボタン)

(お手入れボタン)
オートメニュー生・姿焼き
切身
干物
つけ焼き
とり肉
焼きいも
生・姿焼き
切身
干物
つけ焼き
とり肉
焼きいも
上部ヒーター遠赤ブラックヒーター遠赤ブラックヒーター
下部ヒーターシーズヒーターシーズヒーター
備長炭セラミックコート※1
強制排気ファン
触媒フィルター14層14層
におい軽減
けむり軽減90%カット90%カット
庫内セルフクリーニングコート
焼き網フッ素加工
消費電力1300W1300W
付属品くんせい容器、くんせい網くんせい容器、くんせい網
外寸サイズ幅45×高18.5x奥35.5cm幅45×高18.5×奥35.5cm
内寸サイズ幅32.8×高5.2×奥22.3cm幅32.8×高5.2×奥22.3cm
本体重量※15.4kg5.7kg
発売日2015年9月1日2022年3月1日
価格※323,000円ぐらい32,000円ぐらい
NF-RT1000とNF-RT1100の比較

※1:庫内に備長炭コートパネルを配置

※2:くんせい容器、くんせい網を含まない重さ

※3:2022年1月時点

NF-RT1000からNF-RT1100になって、1番大きく変わったのは『くんせいメニュー』が新たに追加されたこと。

またNF-RT1100になって温度調整が6→4段階に減りました。

その他ちょっとした変更点があります。

NF-RT1000→NF-RT1100で変わったこと
  • くんせいメニューが追加された
  • 温度調整が6→4段階に減った
  • オートクリーン→お手入れボタンになった
  • 本体重量が0.3kg微増した

それでは気になる変更点について詳しくみていきます。

くんせいメニューが追加された

NF-RT1100になって追加された『くんせいメニュー』。

これにより燻製具合の強/弱を選ぶことができます。

『強』は通常の燻製を作るときに使います。

『弱』なんと燻製調味料を作れたりしますよ。

燻製した塩・胡椒をお肉にかけたりとか・・・

想像しただけでヨダレでますね。^^;

温度調整が6→4段階に減った

NF-RT1100になって、温度調整が6段階から4段階に減ってます。

250℃と270℃の設定ができなくなったようですね。

まぁそこまで影響はないんじゃないかなと思います。

オートクリーン→お手入れボタンになった

NF-RT1100では『お手入れ』ボタンになりました。

NF-RT1000では『オートクリーン』と呼ばれるボタンだったものです。

これは内部を空焼きして、壁面などに付着している油や汚れを落とすための仕組み。

ボタンの名前が変わっただけで、機能的には同じものかなと思います。

パナソニックのNF-RT1000とNF-RT1100はどちらがオススメ?

パナソニックのNF-RT1000とNF-RT1100はどちらがオススメかまとめています。

NF-RT1000がオススメの人

  • 価格重視

旧モデルのNF-RT1000の方が、価格的にはかなり有利になってます。

個人的な感想ですが、旧モデルと新モデルにはそこまで差はないんじゃないかなと。

それに旧モデルはコチコミでの評判もスゴく良いですし、十分活躍してくれると思います。

新モデルが発売さるタイミングで、安くなった旧モデルを狙うのは良い買い物ですよねー。

NF-RT1100がおすすめの人

  • 燻製調味料を上手に作りたい
  • 最新モデルのほうが好き

新モデルのNF-RT1100は、『くんせいメニュー』という機能が追加されてます。

これにより上手に燻製調味料などを作ることができます。

唐辛子を燻製にして、自作のピメントンなんかも作れちゃいそう。

ロマンが広がるのは間違いありません。

その他にも最新モデルだけあって、みえないブラッシュアップなどされてそうで安心感ありますよね。

どうしても新しい製品のほうがよく見えちゃいます。

パナソニックの燻製ロースターQ&A

↑この動画で燻製調味料とか作ってます。

その他、購入前に気になるポイントをまとめました。

燻製チップはどれぐらい使えばよいの?

1回あたり10-15g使うと良いそうです。

燻製チップはそんなに高くありません。


400gで500〜1000円ぐらいですので、10gなら20〜40円ぐらいです。

いろんなフレーバーを組み合わせて、オリジナルを作りたいですね。

トーストも美味しく焼けるのか?

残念ながらトーストはあまりオススメされてません。

やっぱりロースターなので火加減が違うみたいですね。

パンが燻製のニオイになりそうですし。^^;

燻製のニオイはどれぐらい出る?

ロースターに付属の触媒フィルターでかなりニオイを除去しますが、それでも匂いは出るようです。

ですのでロースターを使った後で気になるなら、換気扇を回す必要があるようです。

燻製のケムリはどれぐらい出る?

ロースターに付属の触媒フィルターで、ケムリはほぼカットされるようです。

ただ食材の脂が直接ヒーターにつくと、瞬間的にケムリがでることはあるようです。

<参考>
パナソニック公式:ロースター/ロティサリー よくあるご質問一覧

まとめ:パナソニックのロースターで燻製三昧!

パナソニックの燻製ロースターは夢が広がりますね。

自宅で気軽に燻製を作れるなんて!

チーズ、卵、かまぼこ、魚、お肉なんでも燻製にしちゃいたい。

煙の出ないロースターだから、奥さんに文句を言われる心配もありません。

今年もおうちに居ることが多くなりそうなので、家族みんなで燻製三昧を楽しみたいですね。

燻製ロースター欲しい!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA