タイガーの炊飯器JRX-G100とJRX-T100の違いは?型落ち品がオススメ?

4 min
タイガーの炊飯器JRX-G100とJRX-T100の違いは?型落ち品がオススメ?

タイガー魔法瓶から『ご泡火炊き』の最上位モデルJRX-G100が発売されました。

でもこのグレードの土鍋圧力IHジャー炊飯器には、旧モデルJRX-T100もあります。

旧モデルといっても発売はわずか1年前ですけどね。

新旧2つのモデルは何が違うのか、またどちらがオススメなのか書いてます。

実は型落ち品のほうがお買い得?

新モデル

旧モデル

Yahoo!ショッピングで+10%還元?

Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus
※Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus

Yahoo!ショッピングでお買い物するなら、毎日開催の『ボーナスストアPlus』にエントリーしないと勿体ないです。

エントリーするだけで5%または10%のPayPayポイントUP

ポチッと押すだけ

※『5のつく日』『11・12日』もお得!

タイガーの炊飯器JRX-T100とJRX-G100の違い

※性能を比べてみて優れている方を赤文字にしています。

旧モデル
JRX-T100
新モデル
JRX-G100
炊飯容量5.5合5.5合
炊き技土鍋ご泡火ほうび炊き土鍋ご泡火ほうび炊き
加熱方式土鍋圧力IH
多段階圧力
300℃WレイヤーIH
連続ノンストップ加熱
シームレス構造
土鍋圧力IH
多段階圧力
300℃WレイヤーIH
連続ノンストップ加熱
シームレス構造
内なべ本土鍋
表面6層コート
波紋底
土鍋遠赤
口絞り構造
洗米OK
厚さ約5mm
本土鍋
表面6層コート
遠赤釉薬
波紋底
土鍋遠赤
口絞り構造
洗米OK
厚さ約5mm
シラスバルーン
炊き分け食感炊き分け5段階
70種類銘柄炊き分け
コシヒカリ産地炊き
新米誉れ炊き
食感炊き分け5段階
70種類銘柄炊き分け
コシヒカリ産地炊き
新米誉れ炊き
炊飯メニューエコ炊き
白米(火加減3段階)
一合炊き(火加減3段階)
早炊き
炊込み・白米(火加減3段階)
炊込み・一合(火加減3段階)
炊込み・麦
炊込み・雑穀
炊込み・玄米
おかゆ
玄米
雑穀
麦めし押麦
麦めしもち麦
おこわ
エコ炊き
白米(火加減3段階)
一合炊き(火加減3段階)
早炊き
炊込み・白米(火加減3段階)
炊込み・一合(火加減3段階)
炊込み・麦
炊込み・雑穀
炊込み・玄米
おかゆ
玄米
雑穀
麦めし押麦
麦めしもち麦
おこわ
スマホ連携
便利機能8音4段階音量切替
24時間保温
おひつ保温
保温選択
予約給水タイマー
炊きあがり予約タイマー(3メモリ)
保温時間経過表示
エモーショナルランプ
フックボタン金属
開き方スムーズ
マグネット式着脱内蓋
銘柄米ソムリエ
遠隔操作
見守り機能
8音4段階音量切替
24時間保温
おひつ保温
保温選択
予約給水タイマー
炊きあがり予約タイマー(3メモリ)
保温時間経過表示
エモーショナルランプ
フックボタン金属
開き方スムーズ
マグネット式着脱内蓋
銘柄米ソムリエ
遠隔操作
見守り機能
お手入れ毎日のお手入れ2点
圧力クリーニングコース
ステンレスフレーム
ステンレス内蓋
(食洗機対応)
毎日のお手入れ2点
圧力クリーニングコース
ステンレスフレーム
ステンレス内蓋
(食洗機対応)
パネル大型ホワイト
バックライト液晶
(タッチパネル)
大型ホワイト
バックライト液晶
(タッチパネル)
定格消費電力1080W1080W
消費電力量1回:155Wh
年間:83.0kWh
1回:155Wh
年間:83.0kWh
サイズ幅28.2×奥36.6×高21.9cm幅28.2×奥36.6×高21.9cm
蓋開き高さ48.2cm48.2cm
重量7.5kg7.5kg
付属品自立式抗菌加工しゃもじ
専用中ぶた
自立式抗菌加工しゃもじ
専用中ぶた
保証内なべ割れ保証
コーティング5年
内なべ割れ保証
コーティング5年
カラーKT:コスモブラック
WT:ムーンホワイト
KT:コスモブラック
WT:ムーンホワイト
発売日2023年6月8日2024年6月21日
価格※280,000円ぐらい112,000円ぐらい
JRX-T100とJRX-G100の違い

※1) 従来品と比べて遠赤効果がアップ
※2) 2024年6月12日時点

JRX-T100→JRX-G100で改善された点
  • 内なべに遠赤釉薬を採用
  • 内なべにシラスバルーンを含有
  • おひつ保温の性能UP

旧モデルJRX-T100と新モデルJRX-G100の違いは、内なべ加工とおひつ保温の性能です。

それでは細かく見ていきます。

内なべに遠赤釉薬を採用

JRX-T100:ー
JRX-G100:遠赤釉薬

新モデルJRX-G100になって、内なべに使う釉薬が鉄・コバルトを含むものに改良されました。

これにより遠赤効果がUPして、よりふっくら弾力のある御飯を炊けるようになったそうです。

遠赤釉薬とこのあと紹介するシラスバルーンにより、旧モデルJRX-T100と比べて甘みが8.5%、弾力が5%増えたそうですよ。

内なべにシラスバルーンを含有

JRX-T100:ー
JRX-G100:シラスバルーン

新モデルJRX-G100には本土鍋の底面の発熱体に、シラス台地から採掘された火山灰「シラスバルーン」が含まれてます。

シラスバルーンは蓄熱性と熱伝導率が高く、「300℃ WレイヤーIH」の効果を高めるのだとか。

これにより土鍋の性能がさらにアップし、甘みと粒立ちが良くなるそうですよ。

おひつ保温の性能UP

JRX-T100:おひつ保温
JRX-G100:おひつ保温

新モデルJRX-G100では、おひつ保温の性能がさらにアップしてます。

おひつ保温とは木製のおひつをお手本に、土鍋のなかの空気・水分をコントールして保温する機能。

湿度を調整することでニオイや黄ばみを抑え、美味しさを長持ちさせます。

新モデルJRX-G100は従来機より、料亭のおひつに近いコントロールができるようになりました。

以上が違いとなります!

JRX-T100とJRX-G100はどちらがオススメ?

タイガーの土鍋圧力IHジャー炊飯器JRX-T100とJRX-G100は、どちらがオススメかまとめています。

旧モデルJRX-T100がオススメの人

  • お値段重視

旧モデルJRX-T100は、やはり価格面で圧倒的に優れます。

発売はわずか1年前ですし、性能的にもそこまで見劣りしません。

型落ちといっても最上位グレードなので、十分美味しく御飯が炊けそうですよね。

しかも口コミでの評判は良く、多くの人が満足していることが分かります。

安くなったこのタイミングでJRX-T100を狙うのは、良いお買い物なのではないでしょうか。

お値打ちな旧モデル

新モデルJRX-G100がおすすめの人

  • なるべく美味しく炊き上げたい
  • なるべく美味しく保温したい
  • 新製品が気になる

新モデルJRX-G100の方が、内なべが改造されたぶん美味しく炊けます。

遠赤効果や蓄熱性、熱伝導のUPにより、旧モデルより確実にパワーアップしてますから。

甘みが8.5%、弾力が5%増しという数値を、どれぐらい重視するかにもよりますが。

でも白米好きとしては、少しでも美味しく炊き上げたいですよね。

また保温についても、改良された「おひつ保温」により美味しさを長持ちさせることができます。

価格的にOKでしたら、こちらの新モデルJRX-G100の方が魅力的なのは間違いありません。

性能UPの新モデル

まとめ:タイガーのJRX-T100とJRX-G100はどっちが買い?

タイガー魔法瓶の土鍋圧力IHジャー炊飯器の旧モデルJRX-T100と、新モデルJRX-G100を比べて違いをまとめました。

新モデルJRX-G100は内なべが改良された分、ご飯の炊きあがりが美味しいハズ。

また改良されたおひつ保温にも期待できますね。

ただ価格面を考えたら、型落ちとなる旧モデルJRX-T100も悪くないなと思いました。

実は旧モデルであっても、炊飯器のお値段ってタイミング次第でかなり変動します。

ですので性能差が少ないときは、そのときのお値段差を考えて選ぶと良いのではと思いました。

土鍋ご泡火ほうび炊きで、自分にご褒美を♪

魅力的な最新モデル

お値打ち感ある型落ちモデル

カテゴリー:
タグ:
関連記事