シロカSP-2DF231とSP-2DM251の違い!時短はどっち?

3 min
シロカ sp-2df231 sp-2dp251

シロカの電気圧力鍋SP-2DF231とSP-2DM251(SP-2DP251)が、同時に発売されます。

SP-2DM251とSP-2DP251はほぼ同等性能。

うちもシロカの電気圧力鍋を使ってますので、最新モデルは気になってました。

この2つのモデルどう違うのか、どちらが買いなのか比較してます。

シロカ電気圧力鍋SP-2DF231とSP-2DM251の違い

※性能的に優れている方を赤文字にしてます。

SP-2DF231SP-2DM251
SP-2DP251)
外観シロカsp-2df231
siroca公式サイトより
シロカsp-2df231
siroca公式サイトより
参考価格※112,800円15,800円
コンセプトおうちシェフおうちシェフPRO
スマートプレッシャー技術
メニュー数2083
最高圧力70kPa95kPa
自動減圧機能
本体重量3.5kg3.9kg
消費電力700W700W
サイズ幅24cm ×奥26cm ×高27cm幅24cm ×奥26cm ×高27cm
現在の価格楽天»Amazon»
SP-2DF231とSP-2DM251の比較

※1:2021年9月時点の参考価格

結論からいうと、この2つのモデルの大きな違いは『おうちシェフ』か『おうちしぇふPRO』なのか、なんです。

「そんなん“PRO”が付いてるかどうかじゃん?」

って思いますけどね。

この違いが全てでした!

それ以外の違いで目立つのは、ディスプレイのサイズぐらい。

SP-2DM251のほうが、LEDディスプレイが大きくて見やすくなってます。

おうちシェフとおうちシェフPROの違いが大きい

SP-2DF231は『おうちシェフ』で、SP-2DM251は『おうちシェフPRO』。

やっぱりPROの違いってスゴイんですよ〜(笑)

おうちシェフPROだけに使われているスマートプレッシャー技術

この『おうちシェフPRO』だけに使われてるスマートプレッシャー技術なるものが、今回の目玉機能のようです。

おうちシェフPROで調理すると、とにかく時短になるそうなんですよ。

(肉じゃがであれば従来比30%増しぐらい)

で、それを可能にしているのが、スマートプレッシャー技術に利用されている高圧力と自動減圧機能。

おうちシェフPROは高圧力だけど何が良い?

SP-2DM251(おうちシェフPRO)は、95kPaという高い圧力を使えます。

(電気圧力鍋って70kPaぐらいがふつうらしい)

で、圧力が高いと調理が短時間で終わるんですね。。

「何となくですが、圧力高いほうがお肉柔らかくなりそう」

ってイメージはできます。

おうちシェフPROの自動減圧機能とは?

ふつうの圧力鍋は、減圧するのにユルユルと空気を抜いているそうです。

しかしSP-2DM251(おうちシェフPRO)は、自動制御で減圧します。

だから自然まかせと比べて早いらしいんですよ。

それに動画みてると、蒸気も全然でてなくて使いやすそうでした。

おうちシェフPROは調理法が違う

『おうちシェフ』で使える料理法は以下:

  • 圧力調理
  • 無水調理
  • 蒸し料理
  • 炊飯
  • スロー調理
  • 温め直し

でも『おうちシェフPRO』なら、さらに以下の調理法まで使えます。

  • 低温調理
  • 炒め
  • 発酵
  • 温度調理

「発酵」とか「発酵」とか、すごく心が惹かれる調理法なんですけどー(((( *ノノ) ホスィ

きっと甘酒とかヨーグルトですよねぇ。

おうちシェフPROは作れるメニューの数も違う

毎日使える、厳選63メニューを掲載したレシピブック付き

83メニュー掲載のレシピブック付きで、もう献立に悩まない

シロカ電気圧力鍋SP-2DF231とSP-2DM251の共通点

SP-2DF231とSP-2DM251の共通点についても、まとめておきます。

SP-2DF231とSP-2DM251の電気代は変わらない

■おうちシェフ PRO(SP-2DM251 / SP-2DP251 / SP-2DS251)、おうちシェフ(SP-2DF231)

メニューや使用環境などにより変わりますが、電気代の目安は下記の通りです。(1kWh あたり27 円で計算)

・1時間使用したとき:約3円
・予約調理で12時間設定したとき:12円〜13円

siroca:電気圧力鍋:電気代はいくらですか?

公式のQ&Aに載っていたですのが、どちらのモデルでも電気代に違いはないようです。

もちろんメニューや調理法によっての違いはあるみたいですが。

これぐらいの電気代なら、安心して利用できますね。

電気圧力鍋って、電気を使うイメージだったんですけどね〜。

一回の調理で10〜20円って、気にするレベルじゃありません。

SP-2DF231とSP-2DM251で調理できる量も変わらない

どちらも調理できるのは、1~3人分です。

容量は1.3Lですので、炊飯で考えると3合まで。

家族が4人以下であれば、問題なさそうですね。

created by Rinker
¥12,800 (2021/10/24 04:55:57時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ:おうちシェフPROのSP-2DM251が欲しい!

一言でいっちゃうと、『おうちシェフPRO』SP-2DM251の方が料理が早いです。

作れるメニューも多いですしね。

そして圧力が高いから、その分柔らかそう。

値段の差が3000円なので、これぐらいなら『おうちシェフPRO』SP-2DM251のほうが良さそうですね。

うちでもシロカの電気圧力鍋の古いモデルを使ってますが、特に問題もなく長く使えてますよ。

そして今では絶対手放せないぐらい必需品になってます。

新しいモデル良いなぁ〜(汗)

<参考記事>

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000082.000041147.html

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA