タイガーJPV-S100とJPV-T100の違いは?炊きたてのオススメどっち?

4 min
タイガーJPV-S100とJPV-T100の違いは?炊きたてのオススメどっち?

タイガーのIH炊飯器『炊きたて』シリーズからJPV-S100とJPV-T100が同時発売されます。

どちらもエントリーモデルのJPVなのですが、いまひとつ違いが分かりません。

JPV-S100とJPV-T100は何が違うのか、またどちらがオススメなのかまとめてます。

何が違うの?

上位エントリーモデル

エントリーモデル

Yahoo!ショッピングで+10%還元?

Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus
※Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus

Yahoo!ショッピングでお買い物するなら、毎日開催の『ボーナスストアPlus』にエントリーしないと勿体ないです。

エントリーするだけで+5%または+10%のPayPayポイントUP

ポチッと押すだけ

※『5のつく日』『11・12日』もお得!

タイガーの炊飯器JPV-T100とJPV-S100の違い

※性能を比べてみて優れている方を赤文字にしています。

エントリーモデル
JPV-T100
上位エントリーモデル
JPV-S100
炊飯容量5.5合5.5合
加熱方式圧力IH圧力IH
最高気圧約1.25気圧約1.25気圧
最高温度※1約106度約106度
内なべ遠赤5層土鍋コート釜
なべ厚約2mm
内なべ遠赤
内なべ洗米OK
内なべとって付き
遠赤5層土鍋蓄熱コート釜
なべ厚約2mm
内なべ遠赤
内なべ洗米OK
内なべとって付き
内ぶた内ぶたディンプル加工
ステンレス加工
内ぶたディンプル加工
ステンレス加工
炊飯メニューエコ炊き
白米
極うま
少量炊き
早炊き
少量高速
少量旨火炊き
冷凍ご飯
炊込み・炊込みおこげ
おかゆ
玄米
玄米GABA
雑穀
麦めし
おこわ
クイック調理
スロー調理
エコ炊き
白米
極うま
少量炊き
早炊き
少量高速
少量旨火炊き
冷凍ご飯
すし・カレー
お弁当
炊込み・炊込みおこげ
おかゆ
玄米
玄米GABA
雑穀
麦めし
おこわ
クイック調理
スロー調理
旨み粒立ち炊飯
プログラム
粒立ち保温
プログラム
便利機能予約吸水タイマー
炊きあがり予約タイマー
24時間保温
保温時間経過表示
予約吸水タイマー
炊きあがり予約タイマー
24時間保温
保温時間経過表示
清潔お手入れ2点
食器洗い乾燥機対応内ぶた
圧力クリーニング
お手入れシボフレーム
加工抗菌しゃもじ
お手入れ2点
食器洗い乾燥機対応内ぶた
圧力クリーニング
お手入れシボフレーム
加工抗菌しゃもじ
液晶クリア液晶大型クリア液晶
定格消費電力1100W1100W
1毎消費電力量187Wh/回187Wh/回
年間消費電力量93.5kWh/年93.5kWh/年
サイズ幅25.7×奥38×高21.4cm
ふた開き高さ:42.3cm
幅25.7×奥38×高21.4cm
ふた開き高さ:42.3cm
重量5.5kg5.5kg
付属品自立式抗菌加工
しゃもじ
自立式抗菌加工
しゃもじ
内なべ保証コーティング3年保証コーティング3年保証
カラーモーブブラックオフブラック
オフホワイト
発売日2024年8月1日2024年8月1日
価格※247,000円55,000円
JPV-T100とJPV-S100の違い

※1) 沸騰中の内なべの中の温度
※2) 2024年7月5日時点

JPV-T100とJPV-S100の違い
  • JPV-S100は遠赤5層土鍋蓄熱コート釜
  • JPV-S100は炊飯メニューが多い
  • JPV-S100は大型クリア液晶

JPV-T100とJPV-S100の1番の違いは内なべです。

JPV-T100は『遠赤5層土鍋コート釜』で、JPV-S100では『遠赤5層土鍋蓄熱コート釜』を採用してます。

それでは違いを1つ1つ確認してみましょう。

内なべが違うと、味も違ってきそうですね。

JPV-S100は遠赤5層土鍋蓄熱コート釜

タイガー JPV-S100 内なべコーティング
タイガー JPV-S100 内なべコーティング

JPV-T100:遠赤5層土鍋コート釜
JPV-S100:遠赤5層土鍋蓄熱コート釜

JPV-S100では内なべに『遠赤5層土鍋蓄熱コート釜』を採用しています。

“蓄熱”が足されているので、コーティングに差があることがわかりますね。

おそらくですが1番外側の土鍋蓄熱コートか、あるいはその内側の蓄熱性を高めるヒートカットパウダーコートが違うのではないかなと思います。

JPV-S100は炊飯メニューが多い

タイガー JPV-S100 炊飯メニュー
※タイガー JPV-S100 炊飯メニュー

JPV-T100:ー
JPV-S100:すし・カレーお弁当

JPV-S100の方が炊飯メニューが多くなってます。

分かる範囲ですとJPV-S100には、「すし・カレー」「お弁当」に対応した炊飯メニューがあります。

「すし・カレー」炊飯メニューはご飯をすこし硬く炊いて、すし飯やカレーとして使いやすくするもの。

水分が多い新米を硬めに炊きたいときにも活躍します。

また「お弁当」は冷えてもモッチリしたご飯になるよう炊き上げてくれます。

うちもタイガーの炊飯ジャー使ってるので。

JPV-S100は大型クリア液晶

JPV-T100:クリア液晶
JPV-S100:大型クリア液晶

JPV-S100では大型クリア液晶を採用してます。

見ての通り液晶の大きさが違ってますね。

もちろん液晶は大きい方が使いやすいのではと思います。

以上が違いとなります。

JPV-T100とJPV-S100はどちらがオススメ?

タイガーの圧力IHジャー炊飯器JPV-T100とJPV-S100は、どちらがオススメかまとめています。

エントリーモデルJPV-T100がオススメの人

  • コスパ重視

エントリーモデルJPV-T100が優れいてるのは、やはり価格面です。

機能面ではすこし劣りますが、ふつうに白米を炊く分には差はありません。

ふだん炊飯器を使うときに、ほとんど白米を炊くだけなら全く問題ないと思います。

お値段を重視したエントリーモデルJPV-T100ですが、最新の圧力IH炊飯器なのでテンションあがりますよね。

エントリーモデル

上位エントリーモデルJPV-S100がオススメの人

  • 少しでも美味しく炊きたい
  • 「すし・カレー」「お弁当」の炊飯メニューをよく使う
  • 液晶は大きくて見やすい方が良い

JPV-S100の方が内鍋コートが優れている分、美味しく炊けそうですね。

僅かな違いかもしれませんが、白米好きとしては拘りたいところでもあります。

また「すし・カレー」はお米を少し硬めに炊いて、「お弁当」は冷えてもモッチリするよう美味しく炊き上げてくれます。

ふだんの食事で「すし・カレー」「お弁当」を食べる機会が多いなら、こちらのモデルを選びたいところ。

また液晶が大きくて見やすいのも、お年寄りには使いやすいと思います。

総合的にみてお値段がOKなら、上位エントリーモデルのJPV-S100の方が魅力的ですよね。

上位エントリーモデル

▼JPV-S100と型落ちモデルとの比較もしてます▼

まとめ:JPV-T100とJPV-S100はどっちが買い?

エントリーモデルJPV-T100と、上位エントリーモデルのJPV-S100を比べました。

お値段の差も多少ありますが、それより普段の使い方で選ぶと良さそうです。

ふだん白米しか炊かないのであれば、炊きあがりにあまり差がなさそうなエントリーモデルJPV-T100で十分満足できそうです。

ですが「すし・カレー」「お弁当」を作る機会が多いなら、専用メニューのある上位エントリーモデルのJPV-S100が良いと思いますよ。

うちでもタイガーの圧力IH炊飯器を使っているのですが、「すし・カレー」炊飯メニューは毎週使ってます。

それに多少ですが白米も美味しく炊ける可能性がありますし。

全体的にみてJPV-S100の方が魅力的かなと思いました。

炊きあがりのプシューっという音でお腹が空きますよ♪

上位エントリーモデル

エントリーモデル

カテゴリー:
タグ:
関連記事