パナソニックSR-M10BとSR-M10Aの違いは?おどり炊きのオススメはどっち?

4 min
パナソニックSR-M10BとSR-M10Aの違いは?おどり炊きのオススメはどっち?

パナソニックから可変圧力IHジャー炊飯器の新モデルSR-M10Bが発売されました。

でもこの『おどり炊き』シリーズには旧モデルSR-M10Aもあります。

旧モデルといっても発売はわずか10ヶ月前なんですよね。

新旧2つのモデルは何が違うのか、またどちらがオススメなのか書いてます。

型落ち品が狙い目?

新モデル

旧モデル

Yahoo!ショッピングで+10%還元?

Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus
※Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus

Yahoo!ショッピングでお買い物するなら、毎日開催の『ボーナスストアPlus』にエントリーしないと勿体ないです。

エントリーするだけで+5%または+10%のPayPayポイントUP

ポチッと押すだけ

※『5のつく日』『11・12日』もお得!

タイガーの炊飯器SR-M10AとSR-M10Bの違い

※性能を比べてみて優れている方を赤文字にしています。

旧モデル
SR-M10A
新モデル
SR-M10B
炊飯容量0.5~5.5合0.5~5.5合
炊き方おどり炊き
(急減圧バルブ)
おどり炊き
(急減圧バルブ)
加熱方式5段全面IH
加圧追い炊き
ふた加熱板
全面IH
加圧追い炊き
ふた加熱板
気圧1.2気圧1.2気圧
温度105℃105℃
内釜ダイヤモンド竈釜
遠赤ダイヤモンドハードコート
底面ディンプル加工
釜厚:2.2mm
ダイヤモンド竈釜
遠赤ダイヤモンドハードコート
底面ディンプル加工
釜厚:2.2mm
内ぶたワンタッチふた加熱板
(食洗機対応)
ワンタッチふた加熱板
(食洗機対応)
炊飯メニューエコ炊飯
ふつう
かため
やわらか
もちもち
高速
冷凍用
少量
すし・カレー
おこげ
炊込み
おかゆ
雑穀米
玄米
ロウカット玄米
麦ごはん
エコ炊飯
ふつう
かため
やわらか
もちもち
高速
冷凍用
少量
すし・カレー
炊込み
おかゆ
雑穀米
玄米
ロウカット玄米
麦ごはん
美味しさ浸し米炊飯
うまみ循環
旨み熟成浸水
浸し米炊飯
うまみ循環
旨み熟成浸水
便利機能ステンレスクリアフレーム
りれき呼び出し機能
電気代目安表示
炊飯残時間表示
予約タイマー(2メモリ)
圧力お手入れ機能
あつあつ再加熱
フラット天面パネル
静音化設計
ブザーお知らせ
ステンレスクリアフレーム
りれき呼び出し機能
電気代目安表示
炊飯残時間表示
予約タイマー(2メモリ)
圧力お手入れ機能
あつあつ再加熱
フラット天面パネル
静音化設計
ブザーお知らせ
操作グレー大型液晶
押しボタン式
グレー大型液晶
タッチキー
定格消費電力1200W1200W
1回消費電力量158Wh158Wh
年間消費電力量78kWh78kWh
保温消費電力量13.9Wh/時13.9Wh/時
サイズ幅27.1×奥35.2×高23.6cm
蓋開け高さ47cm
幅24.7×奥33.3×高23.7cm
蓋開け高さ47cm
重量約6.5kg約6.2kg
付属品しゃもじ
しゃもじホルダー
計量カップ
立つしゃもじ
計量カップ
保証本体1年
内釜3年
本体1年
内釜3年
カラー-T:ブラウン
-K:ブラック
-W:ホワイト
-K:ブラック
発売日2023年9月1日2024年7月1日
価格※229,000円45,000円
SR-M10AとSR-M10Bの違い

※1) 沸騰中の内なべの中の温度
※2) 2024年7月9日時点

旧モデルSR-M10Aから新モデルSR-M10Bになって炊飯メニューが僅かに変わりました。

他にもパネルの操作方法とサイズ、重量、しゃもじが変わってます。

SR-M10A→SR-M10Bで改善された点
  • 炊飯メニューが僅かに変わった
  • 操作がタッチキーに変わった
  • サイズ・重量がコンパクトになった
  • しゃもじが自立式になった

また加熱方式も『5段全面IH』から『全面IH』に変わったように見えたのですが、これは名前だけで内容は変わってない様子。

ぶっちゃけ味に違いはなさそうです。

炊飯メニューが僅かに変わった

パナソニックSR-M10B 少量コース
※パナソニックSR-M10B 少量コース

旧モデルSR-M10A:少量おこげ
新モデルSR-M10B:少量

新モデルSR-M10Bでは、旧モデルSR-M10Aにあった『おこげ』コースが無くなりました。

あまり使われていないという判断なのでしょうか。

そして『少量』コースが新たに追加されたようにも見えますが、でも旧モデルSR-M10Aにも同様のコースがあります。

NEW 少量コース

少量のごはんでも、粒が硬くならずふっくらハリのあるごはんを炊き上げる専用コースを搭載。普段より少なく炊くときにも、おいしいごはんを味わえます。

少量コース対象合数:0.5合~1.5合

パナソニック SR-M10B 少量コース

もしかしたら何か改善されたのかもしれません。あるいは記載ミスなのかも?ちょっと判断がつかないところです。

操作がタッチキーに変わった

パナソニックSR-M10B タッチキー
※パナソニックSR-M10B タッチキー

旧モデルSR-M10A:押しボタン式
新モデルSR-M10B:タッチキー

新モデルSR-M10Bでは、パネルの操作がタッチキーに変わりました。

旧モデルSR-M10Aは押しボタン式だったので、すこし使いやすくなったと思います。

今はスマホの影響もあって、ボタンよりもタッチのほうが馴れてますからね。

サイズ・重量がコンパクトになった

パナソニックSR-M10B
※パナソニックSR-M10B

旧モデルSR-M10A:幅27.1×奥35.2×高23.6cm、約6.5kg
新モデルSR-M10B:幅24.7×奥33.3×高23.7cm、約6.2kg

新モデルSR-M10Bになってサイズが一回り小さくなりました。

それにあわせて重量も少し軽くなってます。

なるべくコンパクトな方がキッチンにも置きやすいですよね。

しゃもじが自立式になった

旧モデルSR-M10A:しゃもじ、しゃもじホルダー
新モデルSR-M10B:立つしゃもじ

新モデルSR-M10Bになって、しゃもじが自立式になりました。

これは好みが分かれるところかと思いますが、個人的には『しゃもじホルダー』も不便ではありません。

ただ今は自立式のほうが主流な気がしますね。

以上が違いとなります。

SR-M10AとSR-M10Bはどちらがオススメ?

タイガーの圧力IHジャー炊飯器SR-M10AとSR-M10Bは、どちらがオススメかまとめています。

旧モデルSR-M10Aがオススメの人

  • コスパ重視

価格差をみると、旧モデルSR-M10Aの方がずっとお得です。

新モデルと比べてみても、ご飯を炊く性能に関しては差がないように思えます。

そして『おこげ』コースがあるのも旧モデルだけ。

発売はわずか10か月前なので、型落ちといっても特に古くはありませんしね。

安くなっているこのタイミングだからこそ、旧モデルSR-M10Aは狙い目なのではないでしょうか。

お得な旧モデル

新モデルSR-M10Bがオススメの人

  • タッチキーで操作したい
  • サイズ・重量はコンパクトな方が良い
  • しゃもじは自立式が良い
  • 新しいモデルが好き

新モデルSR-M10Bは、パネル操作がタッチキーになってます。

スマホでも馴染みがあるタッチキーの方が、ボタン式よりも使いやすそうですね。

またサイズ・重量がややコンパクトになっている点も見逃せません。

キッチンが広くない場合は、コンパクトな方が置きやすいですから。

お値段の差よりもこれらの点に魅力を感じるなら、新モデルSR-M10Bが向いていると思います。

性能UPの新モデル

まとめ:SR-M10AとSR-M10Bはどっちが買い?

パナソニックの可変圧力IHジャー炊飯器の旧モデルSR-M10Aと新モデルSR-M10Bを比べてみました。

新モデルSR-M10Bはパネル操作がタッチキーになり、サイズ・重量がコンパクトになってます。

もちろん価格的にOKでしたら、新モデルSR-M10Bの方が性能は上ですし、魅力的だと思います。

ただ炊飯については差がないようでしたので、型落ちとなるSR-M10Aも悪くありません。

価格差も結構ありますし、旧モデルSR-M10Aも良さそうですよね。

『おどり炊き』で炊いたご飯、きっと美味しいでしょうね♪

お得な型落ちモデル

性能UPした最新モデル

カテゴリー:
タグ:
関連記事