日立MRO-W1CとMRO-W1Bの違いは?ヘルシーシェフのオススメはどっち?

4 min
日立MRO-W1CとMRO-W1Bの違いは?ヘルシーシェフのオススメはどっち?

日立からヘルシーシェフの新モデルMRO-W1Cが発売されました。

でもこのシリーズには、MRO-W1Bという旧モデルもあります。

新モデルMRO-W1Cは旧モデルMRO-W1Bと比べて何が違うのでしょうか?

また買うならどっちがオススメなのかまとめています。

どっちがお買い得?

新モデル

(長期無料保証)日立(HITACHI) ヘルシーシェフ 過熱水蒸気オーブンレンジ MRO-W1C(W) フロストホワイト

旧モデル

Yahoo!ショッピングで+10%還元?

Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus
※Yahoo!ショッピング - ボーナスストアPlus

Yahoo!ショッピングでお買い物するなら、毎日開催の『ボーナスストアPlus』にエントリーしないと勿体ないです。

エントリーするだけで5%または10%のPayPayポイントUP

ポチッと押すだけ

※『5のつく日』『11・12日』もお得!

日立のMRO-W1BとMRO-W1Cの違いは?

※性能を比べてみて優れている方を赤文字にしています。

旧モデル
MRO-W1B
新モデル
MRO-W1C
タイプ過熱水蒸気
オーブンレンジ
過熱水蒸気
オーブンレンジ
熱風旨み焼き
センサーWスキャン
(センター赤外線センサー
重量センサー)
温度センサー
Wスキャン
(センター赤外線センサー
重量センサー)
温度センサー
レンジ適温あたため
2品同時あたため
スチームあたため
ムラを抑えて解凍
適温あたため
2品同時あたため
スチームあたため
ムラを抑えて解凍
オーブン最大300℃
熱風コンベクション式
ダブル光速ヒーター
上下2段
最高310℃
熱風コンベクション式
ダブル光速ヒーター
上下2段
グリル大火力平面グリル大火力平面グリル
スチーム給水タンク式給水タンク式
過熱水蒸気ボイラー熱風式ボイラー熱風式
総庫内容量30L30L
レシピ数296292
メニューオートメニュー:250
熱風旨み焼き:35
クックパッド殿堂入り:43
メーカーコラボ:23
ボウルメニュー:78
スピードメニュー:69
最短1分メニュー:8
ノンフライ:19
セットメニュー:1
オートメニュー:242
熱風旨み焼き:35
メーカーコラボ:23
ボウルメニュー:84
スピードメニュー:58
最短1分メニュー:8
ノンフライ:17
セットメニュー:4
スマホ連携ヘルシーシェフアプリヘルシーシェフアプリ
お手入れ外して丸洗いテーブルプレート
汚れを落としやすい庫内側面
お手入れしやすい平面グリルヒーター
外して洗える給水タンク&つゆ受け
脱臭コース
外して丸洗いテーブルプレート
汚れを落としやすい庫内側面
お手入れしやすい平面グリルヒーター
外して洗える給水タンク&つゆ受け
脱臭コース
液晶表示フルドット液晶フルドット液晶
付属品外して丸洗いテーブルプレート
角皿41x30cm 2枚
焼網
給水タンク
つゆ受けカバー
外して丸洗いテーブルプレート
角皿41x30cm 2枚
焼網
給水タンク
つゆ受けカバー
消費電力オーブン:最高1,400W
グリル:最高1,330W
レンジ:最高1,430W
オーブン:最高1,400W
グリル:最高1,330W
レンジ:最高1,430W
庫内サイズ幅401×奥322×高218mm幅401×奥322×高218mm
外形サイズ幅497×奥442×高375mm幅497×奥442×高375mm
本体重量約18.0kg約18.0kg
カラーフロストブラック
フロストホワイト
フロストブラック
フロストホワイト
発売日2023年7月1日2024年6月上旬
価格※145,000円ぐらい104,000円ぐらい
※MRO-W1BとMRO-W1Cの比較

※1:2024年5月15日時点

旧モデルMRO-W1Bから新モデルMRO-W1Cになって『熱風コンベクションオーブン』が進化しました。

MRO-W1B→MRO-W1Cで変わったこと
  • 310℃熱風コンベクションオーブンになった
  • メニューの種類が1部変わった

変更点について詳しくみていきます。

あまり重要な変化はないように思います。

310℃熱風コンベクションオーブンになった

MRO-W1B:300℃熱風コンベクションオーブン2段
MRO-W1C:310℃熱風コンベクションオーブン2段

新モデルMRO-W1Cになって『熱風コンベクションオーブン』の最高温度が300℃→310℃になりました。

熱風ファンの回転数を最適化することで、最高310℃*1の大火力を実現。

日立MRO-W1C:特長:310℃熱風コンベクションオーブン2段

どうやらヒーターが改良されて最高温度が上がったわけではなく、ファンの回転数を調整することで実現したみたいですね。

そして300℃、310℃は予熱をしたときのみ5分間使えます。

つまり5分間にわたって10℃違うというのが、新旧2つのモデルの1番の違いになるわけです。

ちなみに予熱のスピード感は200℃まで約4分50秒と、旧モデルから変わってません。

メニューの種類が1部変わった

MRO-W1B:レシピ数296、オートメニュー250、熱風旨み焼き35、クックパッド殿堂入り:43、etc
MRO-W1C:レシピ数292、オートメニュー242、熱風旨み焼き35、、etc

新モデルMRO-W1Cになって、メニューが全体的にはやや減っているかもしれません。

ただしもともとスゴイ数あるので、何のレシピが無くなったのかは探すのが大変です。

レシピ集を比べればよいのでしょうが・・・ちょっと^^;

レシピを比較したい場合は、日立のHPから対象製品のレシピ集をダウンロードすれば可能です。

また1番重要と思われる『熱風旨み焼き』についてはメニューの増減がありません。

スマートフォン連携により「ヘルシーシェフ」アプリから新しいレシピがダウンロードできるので、必ずしも減っているとは限らないんですね。

毎朝助かりそうな『朝食セット』については、メニューが1つから4つに増えてますし。

ということもあり、メニューの差はあまり拘らなくても良いのかなと思いました。

以上が違いでした。

日立のMRO-W1BとMRO-W1Cはどちらがオススメ?

日立のMRO-W1BとMRO-W1Cはどちらがオススメかまとめています。

旧モデルMRO-W1Bがオススメの人

  • お値段重視

旧モデルMRO-W1Bの方が、お値段は圧倒的に優位です。

性能については、ハッキリいって新モデルともそんなに差がないように思えますしね。

最新モデルではなくても『ヘルシーシェフ』シリーズなら機能性は十分。

発売も1年前とそんなに古いわけではありません。

型落ちで安くなったタイミングでMRO-W1Bを狙うのは、良い買い物なのではと思います。

お買い得な旧モデル

新モデルMRO-W1Cがオススメの人

  • 新しい熱風コンベクションオーブンが気になる
  • 新しい朝食セットメニューが気になる
  • 新モデルのほうがテンションが上がる

新モデルMRO-W1Cでは、310℃の熱風コンベクションオーブンになりました。

最高温度10℃上がったわけですが、5分間であれば思ったより影響ありそうですよね。

お肉料理は高火力のほうが、外パリッの内ジュワッで美味しく仕上がりますから。

また新しい『朝食セット』メニューは、朝の忙しいときに活躍してくれそうです。

お値段的にOKでしたら、新モデルMRO-W1Cを試してみたいのは当然ですよね。

性能UPの新モデル

(長期無料保証)日立(HITACHI) ヘルシーシェフ 過熱水蒸気オーブンレンジ MRO-W1C(W) フロストホワイト

まとめ:日立のヘルシーシェフでプロのお肉料理を!

日立のヘルシーシェフの新モデルMRO-W1Cと、旧モデルMRO-W1Bを比べました。

新旧2つのモデルの1番の違いは『熱風コンベクションオーブン』の最高温度です。

ただしその差は10℃でしたので、お値段を考えれば旧モデルMRO-W1Bも悪くないかなと思います。

もちろん新モデルMRO-W1Cの方が、性能UPしている分おいしいお肉料理ができそうなんですけどね。

お財布事情に合わせて選べば良いのかなと思いました。

ジュワッと肉汁溢れるお肉料理がしたい!

性能UPの新モデル

(長期無料保証)日立(HITACHI) ヘルシーシェフ 過熱水蒸気オーブンレンジ MRO-W1C(W) フロストホワイト

お買い得な旧モデル

カテゴリー: